2008年04月18日

缶詰状態の毎日

 実験データを整理して、論文に起す作業を続けています。取材の仕事はほとんどキャンセルし、病院に行く以外は書斎にこもる毎日。正念場です。

 いよいよ時間も迫ってきたけど、まだ1万字に達しておらず、いまが結構苦しいときかもしれません。あと2万字以上、まだまだ分析作業を続けます。

 そんなとき、やっぱりふと世紀公園に足を運んでみたくなります。

 私が上海にこれだけ長くいることができたのも、実はこの公園のおかげ。今まで、ここで私に無数回の安らぎとひらめきを与えてくれました。

 美しい新緑は最高です。いま、特に緑の柔らかさが目に気持ちいいです。
 湖ではオタマジャクシが元気に泳いでいます。

 そして、クラクションなど車の音から隔離され、鳥のさえずりも耳に心地よく、たまにi-PODを持ち出して、自分の好きな音楽に聞き惚れます。上海でこれだけ静かな場所もそうないでしょう。

 でも脳の中はいまは臨戦状態です。

世紀公園にて
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類