2009年06月20日

世紀大道

 浦東で生活していると、よく使う道路の一つに世紀大道があります。延安高架道路を東に走ると、トンネルを抜けて世紀大道とドッキングするのですが、浦東を斜めに貫くメインストリートです。

 ところが、この道、意外と厄介なのです。まず、我々自転車族からすると、自転車が通行禁止。一応、自転車専用レーンらしきレーンはあるのですが、使われていません。そのため、本当は世紀公園から陸家嘴まで一直線でいけるはずなのに、回り道をしてあみだくじ状にジグザグに行かなければならないのです。

 そして、この世紀大道が浦東での土地勘を大きく狂わしてしまいます。なんせ、もともと浦東にはなかった道路で、「強引」にも斜めに突き抜けたものだから、時々ふと方角が分からなくなってしまいます。
 さらに、交差点の構造にものすごく無理があるのです。それが、いまや渋滞の原因にもなっています。

 トンネルを抜けて、浦東に入って、世紀大道を自動車で揚高路に向けて走るとき、交差点の信号は一般的に1〜2回ひっかかる程度に調節されています。ところが、最近の地下鉄工事で、そのパターンも崩れ気味。

世紀大道を思いっきり自転車で走れたらいいのにと思います


 といっても、浦東で生活していると、重宝するのが世紀大道でもあるのです。浦西から抜けてくるにはやっぱり便利。
 最近、新しいビルも増えてきましたし、景観も成熟してきたように思います。

【データ】
世紀大道周辺地図

中国関連ブログランキングに参加しています。他のブログもどうぞ。
中国関連ブログランキングへ
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類

2009年06月19日

おむつかぶれ・アセモ対策

 暑くなってきて、7ヶ月になった娘の皮膚にも時々汗疹(アセモ)やおむつかぶれの症状が見られるようになってきました。

 この梅雨前後のジメジメした時期、大人も子供も皮膚にトラブルを抱えて私のもとに来られる方が少なくないのですが、私の娘も又然りです。
 とくに、紙おむつの通気性に関してはどうもよくないようで、義母が作ってくれた中国式の布おむつに取り替えました。おむつカバーはどう見ても暑そうなので、こまめにおむつを替えることを前提に、ふんどし式にしています。これはなかなか効果ありです。

 そのほか、おむつかぶれやアセモ対策で乳幼児用にも使える生薬がありますので、ご紹介しておきます。娘にも使っています。

 まずはドクダミ。中国語では魚腥草といいます。主な効能は清熱解毒や利尿などがありますが、子供のおむつかぶれにも使われます。

 使い方は、ドクダミ30グラムを煎じて、おむつを交換するときに患部(おしり)を洗ってあげます。その後、天然シッカロールと私が勝手に言っている青黛(せいたい)を使います。この生薬は、アトピー性皮膚炎や湿疹の治療にもつかうことがります。

 もちろん、ドクダミは飲んでみてもかまいません。ドクダミ茶の味はけっこういけると思いますよ。風邪薬などでもよく使います。

ドクダミ茶


 そのほか、金銀花という風邪薬にもよく使う花があるのですが、その植物の枝・葉を使った忍冬藤という生薬も、解毒作用があり、子供の湿疹や汗疹などの治療につかえます。お茶として少し薄めて乳幼児に飲ませます。夏の暑さや体の火照りを醒ます作用もあります。

 中医学の世界では、肺と皮膚は強いつながりがあるとされています。そこで、肺に効果のある生薬は、皮膚病に使うことも多いのです。ドクダミなんかはその典型でしょう。

 
 

 ところで、先日診察した患者さんに生薬で使う蝉の抜けガラに興味を持たれたお子さんがいたのですが、アレルギーの疾患ではよく使います。
 その蝉の抜けガラの効能の一つに、「子供の夜泣き」に使うことがあります。教科書にも出てくる効能の一つです。

 残念ながら、私にはまだこの生薬を使った「子供の夜泣き」治療の臨床経験がないのですが、消化吸収を促す生薬に、この抜け殻を数グラム加えて煎じるといいとされています。

 しかし、乳幼児に生薬を飲ませるのは大変です。お茶感覚で飲めないか、私もいろいろ研究しています。

 生薬は本当に興味深い世界です。

中国関連ブログランキングに参加しています。他のブログもどうぞ。
中国関連ブログランキングへ
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類

新型インフルエンザに対する新たな動き(続編)

 新型インフルエンザに対する上海市の対策ですが、上海市衛生局は市民に対して新しい注意点を発表しています。現在、1日8人〜9人ペースで空港での感染者が見つかっていて、各国が次々と水際対策をやめる中、まだ浦東国際空港ではかなり厳重な体制で検疫を行っています。

 18日に浦東国際空港で確認された新型インフルエンザ患者は8人でその多くは、オーストラリアからの便でした。一部アメリカ・カナダからもいたようですが、体温が36℃代でも、のどの痛みや咳を訴え、検査すると新型インフルエンザだったというケースがあったようです。

 さて、上海市衛生局が市民に新たに紹介している注意点ですが、とくに海外から中国に戻ってくる場合、機内などではマスクをつけるようにし、さらに中国に戻ってから1週間自宅で経過観察してほしいとしています。

 そのほか、海外帰国者で発熱など風邪のような症状が見られる場合は、出勤することも自粛してほしいとも書いています。

 学校など子供たちがあつまる場合では、朝の体温測定などの健康チェックをしっかりとし、咳や鼻水がある場合は、病院にいって検査をうけてほしいということです。

 そのほか、手洗いや換気の徹底、衛生管理の強化などを挙げ、もし疑問点があれば、健康ホットライン12320に電話で問い合わせてほしいいうことです。

 各国によって事情が違いますが、欧米から成田空港などで中国便に乗り換えて中国に向かう人も多く、検査態勢からみると、まだまだ予断を許さない状態であることは確かなようです。

中国関連ブログランキングに参加しています。他のブログもどうぞ。
中国関連ブログランキングへ
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類