2010年06月17日

上海東佘山でバーベキュー

 16日はおかげさまで良い天気でした。今日はクリニックのスタッフとその家族約30人と一緒にバーベキュー。私は朝、車で迎えに来てもらい一路松江佘山(シャーサン)へ。佘山は、上海で数少ない天然の山があるところで、近年は歓楽谷などのレジャー施設も完成、レンタサイクルでも、十分に楽しめます。
 端午節の休みの日に行っても自転車は十分あったので、普段でも大丈夫でしょう。

 佘山には東佘山と西佘山の2箇所があり、西佘山は天文台や地震博物館、天主堂(教会)があるエリア。東佘山は、純粋な山登りをする山で、こちらにバーベキューをする場所があります。以前は、西佘山がメインだったのですが、東佘山もなかなかよく整備されています。上海市内では珍しい山あり谷ありの地形なので、普段使わない筋肉を動かせます。

 

地獄の階段


 東佘山園の駐車場から入場するといきなり地獄の階段。うちのスタッフにはベジタリアンもいるので、食べ物やスイカも持ち込んだのですが、この入ってすぐの階段を荷物をもって上がるのが大変。また、バーベキューエリアも斜面にあるので、こちらもすこし大変でしたが、みんなでワイワイ協力すればそれでもいいでしょう。

 我々は大所帯なので4つのグループに別れてバーベキューをしました。

 4つのブループに分かれると、グループごとの焼け具合に差が出てきて興味深い。総じて、年齢の若いグループはバーベキューの経験が殆どないのか、なかなか食べ物ができてこない。 急遽、我らベテラン隊の応援で、なんとか2時間以内にお腹を満腹にできたようですが。レジャーもある程度の経験がなければ、なかなかイメージしているような楽しみ方はできないものです。中国の皆さんにとっては、まさにこれからでしょう。

 

この4つのあずま屋を貸し切りました


 しかしですね〜。中国人もバーベキューが好きです!この日も、ものすごい混雑でした。 どのあずま屋も満杯。食べる量もすごい。お肉が本当に大好きな民族だと思います。それぞれのグループを見ていると、焼き方と良い食材の使い方といい個性いっぱい。

 私なら、最後に焼きそばをしたいと思うところですが、(藤田家がそうだったので)うちのメンバーでは食パンを焼いていました。肉と一緒に挟んで、サンドイッチにして食べるのだとか。饅頭を焼いているグループもあったので、ああ、これが中国式なんだと納得。

 

佘山山麓の高級別荘群はすごいですね


 食後は、西佘山へ。歩いて20分ぐらいの距離です。私はここの天主堂が大好き。荘厳な雰囲気が残っていますし、信者たちが大切に守ってきています。建設されたのが1873年。1935年に拡張されました。当時は極東第一の天主堂と言われていました。文革の時にかなり破壊されましたが、今ではかなり修復されています。竜華寺もパワースポットでいいかもしれませんが、この教会も間違いなくパワースポットではないでしょうか。

 佘山からの帰り、道路の緑化帯でもバーベキューをしているグループを発見しました。家族でバーベキューセットを持っている家庭も少なくないです。マイカーが普及し、みんなでワイワイするのが大好きな国民性。こうしたレジャーは、これからももっと普及するでしょう。

 天気に恵まれ、楽しい1日でした。

【データ】バーベキューの予約
上海佘山国家森林公園東佘山園 焼烤園 電話:021-57651666
地図

料金2時間100元(2〜8人)
食材は別途。食材は売られていますが、持ち込みも可。
ただし、火をおこすバーベキューセットの持ち込みは禁止。

中国ブログランキングへ

「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めて 

ヨーロッパの天主堂にもひけをとらない立派なものです
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類

2010年06月16日

返品交換可能なスイカ

 患者さんから、「今年のスイカはおいしいよ!」という話を聞き、今日は非常に蒸し暑く暑くなってきたのでさっそく2010年初スイカを買いに行ってきました。

 だた、上海に限らず中国のスイカはいろいろ言われますね。2006年の記事ですが、こんな早いスイカの出荷には、やっぱり問題があった ホルモン剤(すみません、ブログシステムのエラーで、真ん中のほうの記事をみてください)というようなことは日常茶飯事です。

 総じて、いまの時期のスイカの種は白いのですが、まだ未成熟な種が多いようです。また、赤い実の部分に、白色のスジなどが入っているのも商品としては失格。どうやら、植物用成長ホルモン「坐果霊」と関係があるとも言われているのですが、はたしてどの程度本当か?
 でも総じて、白い部分の多いスイカは美味しくない。

 上海では美味しくないスイカや、どうもおかしいスイカをつかまされたら、返品や交換ができることが多いです。今日も、店員さんが選んだスイカを家に持って帰って、妻にあけさせると、写真のように良くなかったので、「返品!」ということになりました。

 さて、2回目となると店の方も慎重です。まず、選んできたスイカを目の前で切って見せて、白くなっていないかチェックしてくれます。また、一般にスイカのおしりがしっかりとしまっているのもポイントなのだとか。おしりが黒すぎるのもダメです。

 ということで、消費者の私も、納得して購入。さすがに、今回のスイカは美味しかったです。でもまだ値段は高め。スイカ1個が22元しました。日本よりはずっと安いですが。スイカを食べ過ぎると夏太りするのでホドホドにしますが、とりあえず今年1発目のスイカは結構美味しかったです。



返品させていただいたスイカ


 今日は、クリニックの医師や看護師や受付、事務員のスタッフをつれて、佘山へピクニック。あまり暑くなりませんように。

中国ブログランキングへ

「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めて
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類

2010年06月15日

菖蒲と粽の準備

 連休2日目の上海は良い天気です。会社によっては、先週の土曜日から5連休のところも多いそうですね。

 さて、我が家では朝から端午節の準備のため、花木エリアにある櫻花路市場まで自転車で材料を買い出しに行きました。娘を連れて行ったのですが、朝7時前とはいえ、結構な賑わいです。とくに、菖蒲とヨモギセットを買っている人が多く(2元程度)、ああ端午の節句なんだと実感させられます。さすがに、鯉のぼりをぶら下げている人はいませんでしたが。。。



  市場で買ったのは粽の外側の皮につかう葉っぱなのですが、こちらは毎年の経験から生の緑のものより、乾燥した方が使いやすい。日本では中華ちまきというとアルミホイルを使いますが、やっぱり天然素材の方がいいですね。

 上海エリアの中華ちまきと言えば、やっぱり豚肉の塊がメイン。もちろん、私用には肉が少なめのダイエット粽も作ります。うちのアイさん(家政婦さん)からは厦門エリアの福建粽をプレゼントされましたが、こちらは海鮮風味でした。旨い!

 あとは、スーパーにいって餅米を4キロほど購入するハズだったのですが、なんとパック詰めの餅米が売り切れ。仕方がないので、パック詰めではない「散装」と呼ばれる餅米を買うことにしました。やっぱり上海でも多くの家庭で粽をつくるのでしょうね。

 粽は作っておくと、冷凍庫に保管できて、非常食?!として使えます。ワンタン同様に便利な保存食です。でも、作るのが多少厄介。とりあえず、下ごしらえは完了させて、いま小休止中です。午後からは、実際に粽を巻きます。これが結構難しいのです。。。。

中国ブログランキングへ

「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めて 本日更新しました。「中医学と漢方の間で」です。
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類