2013年02月18日

上海人の仲居さんと再会

 今から1年前ほどまえに訪れた島根県にある秘湯の宿、海潮荘で、上海人の仲居さんがいらっしゃることをこのブログでも紹介しましたが、その後も時々連絡があったりして、春節の帰省時にうちのオフィス甘霖まで来て下さいました。
 上海から中国に渡られてかれこれ13年。日本の永住権も取得され、島根県で生活されています。来日当初は日本語ゼロでしたが、見よう見まねで日本語を覚え、今では日本文化の一つである温泉旅館で、料理を運んだり、仲居さんの仕事を難なくこなしてられます。日本の温泉旅館の料理と言えば、難しい料理の説明があったりするのですが、日本人のお客さんに対してもしっかりと対応していました。

 「空気も水もおいしい、島根県での生活はいいね」と、昨今の中国の大気汚染の状況を交えながら話すると、そうした問題以上にやっぱり「日本は静かすぎる」という答えでした。確かに、毎日温泉にも入れるし、空気も水も申し分ないけど、あまりにも生活が静かすぎて、刺激が少ないというのは、いま日本の地方都市が抱えている問題を如実に表しているのかもしれません。

 海潮荘は、山陰地方では鳥取県の岩井温泉とともに、2箇所しかない日本秘湯を守る会の温泉の一つです。(ちなみに岩井温泉には、2006年にも学会で行っていました。)

 中国人の仲居さんとして、地方の温泉宿で働いていらっしゃると中国人観光客が来るのでは?とか思ったのですが、時々台湾人が来る程度で、なかなかそうもいかないということでした。このご時世、日本人の若い世代の観光客が増えるはずもなく、秘湯の宿とはいえ、小さな温泉地が抱える問題というのは大きい。日本の温泉文化は確かに大切ですが、来る人がいなくなれば、廃れてしまうだけです。せめて、外国人にでも日本のおもてなしの心を感じて欲しいものです。

 地域再生がいわれて久しく、2006年の岩井温泉で行われた温泉学会の記事を振り返ってみても、ずっとそのテーマが討論されていますが、東京など大都市が栄える一方で、日本の地方都市の現状はかなり厳しいのにはかわりません。

 最後に、「いつかは上海に戻りたい?」と聞いてみたら、「やっぱり上海に戻ってきたい」という返事でした。人口減少が続く日本の地方都市で、こうした日本通の外国人がずっと暮らし続けるの環境を作るのは難しいですね。ただ、日本で学んだサービスの経験は、きっと中国でも活かされると思います。

 そうすると、老後の生活を日本でゆるりとおくるのにはいいでしょうね。あ、そうすると日本の高齢化問題には全然協力できないか。。。。


posted by 藤田 康介 at 07:57| Comment(0) | 雑草と雑想

2013年02月17日

北京・天津の大気汚染、有害物質を検出という中国の報道

 スモッグの中での「有害物質の検出」は当然といえば当然の結果だろうけど、いまだに落ち着かない中国北方エリアの大気汚染の問題。時々とんでもない数字がついておりますが、最近、中国科学院が北京・天津エリアの大気汚染における有害物質についての調査報告を出しており、私も興味深く読んでおりました。でも、やっと政府も重い腰をあげはじめているので、しっかりと目に見える対策をしてほしいものです。(中国はやり出したらとにかく早い。)

__.jpg

 それによると、北京・天津エリアでは、1月に5回PM2.5を主要物質とするかなりひどいスモッグとなりましたが、この中の汚染物質の様子は、1952年のロンドンのスモッグと、1940〜50年にロサンゼルスで発生した光化学スモッグが混ざったような状態で、これに中国ならではの黄砂などのダストの影響も加わっているということです。

123451.jpg
(東方早報 2013年2月18日)

  さらに、今回の分析ではロサンゼルスの光化学スモッグでも検出された、有害な窒素酸化物や揮発性有機化合物が検出されており、その問題の重篤性が懸念されています。これから夏にかけて、太陽の照射が強くなると、光化学スモッグの発生が避けられません。

  では、北京市の場合、そうした大量の有害有機物はどこからやってきたのか?調査では、酸化型有機物質は北京周辺から、油煙型有機物質は料理から、窒素化合型有機物質は化学物質から、炭化水素型有機物質はクルマの排気ガス・石炭などからと分類されますが、調査では最も割合が多かったのが酸化型有機物質で、全体の44%を占めていました。一方で、北京地区だけの場合、クルマの排気ガスによるPM2.5の割合は、全体の25%程度を占めていると言うことです。いったい、周辺部からの酸化型有機化合物というのは、何を発生源としているのか興味があります。

 こうしたスモッグの人体に与える影響について、報道として発表された中国疾病予防コントロールセンターの1年間の研究では、上気道感染・喘息・結膜炎・気管支炎・目や喉の刺激・皮疹・呼吸困難・鼻水鼻づまりなどで、今のところは急性疾患が中心となっています。また、スモッグにより紫外線が不足し、ビタミンDの合成に影響を与え、くる病が発生したり、空気中のウイルスなどが活発になる可能性も指摘されています。

 室内でのPM2.5に関しては、タバコ・料理・ストーブなどによる燃焼を除くと、室外から流れ込むのが大部分。よって、スモッグが酷いときは、空気清浄器を使い、窓を閉めておくようにと呼びかけています。


posted by 藤田 康介 at 00:23| Comment(0) | 上海の大気汚染状況

2013年02月15日

男が活躍、上海式春節の会食

 中国式の春節というのは、とにかく忙しい。もちろん、休むこともできますが、やはり親戚や友達つきあいで行き来することが多い。我々一家は、この時期に日本に戻ることは到底できません。。。。
 我が家では、大晦日は妻の実家に行き、その後は崇明島に逃避したものの、戻ってきたら妻の高校時代の友達や同僚達との食事会、そして伯父・叔母の家にいったりと走り回っていました。ほぼ毎日、誰かと食事をしていたことになります。今年は、甘霖建康医療相談所のオフィスも完成したので、そこでの会食では、子供もあわせて20人ぐらいがやってきました。そうなると、とても自宅ではできません。(^_^)

IMG_3119.jpg
(甘霖健康医療相談所のロゴ完成)

 子供たちは、紅包(お年玉)をもらったりしますが、うちの娘はお金よりもあめ玉のほうがいいみたい。

IMG_3122.jpg

 交友関係が広がってきて、もともと千客万来を考えての甘霖オフィスなので、当初の目的は達成したように思います。

IMG_3121.jpg

 最近はインターネットの世界でも、Weibo(微博)よりも、もっと特定の人の間で交流するWeixin(微信)を使う人がふえている感じで、中国でのSNSのあり方も変わってきたように思いますが、それでもリアルでのつきあいというのは大事です。こうやって、色々な人がやってきて、色々なお話をするのも楽しいものです。

 基本的に、中国人は会食が好きです。それも、家でお客さんを招待する形をとることが多いと思います。もし、中国で家に呼ばれたら、遠慮無く行くべきです。

 食事はいろいろな形式があります。一般的に、上海では男性(主人)が台所に立って料理し、妻が客をもてなすという形が多いです。うちの親戚でも、北京の政府中央で官僚を務めていた人とかいますが、家に戻ってきたら親戚をもてなすために中華料理のコース料理をあっという間に作ってしまいます。上海では、一般に女性よりも男性の方が得意料理のレパートリーが多かったりしますからね。でも、ワイルドな中華料理は、男性が料理する方が様になっているかもしれません。

IMG_3036.jpg

IMG_3129.jpg

 そのほか、得意料理をみんなで持ち寄ったりもします。また、ある回の会食では、上海崇明島出身の友人は、家で作った崇明モチや米酒を持ってきてくれたりしました。地元特産の多くは、家庭の味で、自分たちで作ったものが一番美味しい。そういったものを頂けるのも、ホームパーティーの醍醐味。

IMG_3130.jpg

 先日は、東北出身の人がいたので、皮から作る餃子パーティーをしましたが、こうなるとかなり本格的です。餃子にしろ、ワンタンにしろ、みんなで作って食べることができるので、鍋奉行が必要な鍋料理とはまた違うコミュニュケーションができると思います。


 結局、今年の春節は一回も外のレストランで外食することなく、手作りの食事会を楽しめました。レストランにいくと、サービスの善し悪しも気になるし、根本的にタバコの煙と、やかましさが嫌いなので、やぱり自分たちでという選択肢になってしまいました。中華料理は、そもそもみんなで食べるのに向いていますからね。


posted by 藤田 康介 at 07:51| Comment(0) | 中国で食べる