2013年05月21日

幼稚園の参観日

IMG_4195.jpg 

 うちの娘は、ローカル幼稚園に通っています。

 なによりも保育時間が長い。標準でも朝8時から夕方の4時ぐらいまでみてもらえますので、我が家のように共働きだととても助かります。ローカルとはいえ、日本人や西洋人の園児もおり、一応国際色が出ているのは、さすが上海です。
  
 土日に仕事がある私は、週末に開催される親子遠足には行けた試しがありません。先日も、奉賢区のほうへ親子遠足があり、妻が連れて行きました。でも、たまに平日にも催しがあり、今回のような参観日なら、私も出席できました。

 なんせ、一人っ子が多い土地柄ですから、参観に来られるのは園児一人につき保護者一人だけ。カメラやビデオカメラを片手に、やってきているパパも少なくありませんでした。

 一クラスにつき、先生が2人とあとアシスタントの人たちがいて、結構手厚く人を配置しているのだなあという印象でした。

 娘はまだ年少ですが、すでに英語の歌をうたったり、部屋の中でのお勉強が少なくありません。もちろん、外でも遊んでいましたが、日本の幼稚園のように泥んこになることはまずないし、園庭も舗装されているので、砂で遊ぶというようなチャンスもすくないらしい。結局、そういった遊びは、家に帰ってから補うしかないですね。時間があれば、世紀公園に連れて行っています。

 娘によると、「今日は、親が来ているからみんなお利口さんを装っているけど、実際はそうじゃないんだよ〜。」ということでした。時々、娘のポケットにあめ玉が入っていることがあるのだけど、その理由がわかりました。どうやら、うまくできた子供には、時々先生からあめ玉がもらえるらしい。中国の幼稚園ではごく当たり前のことらしいですが、私にはちょっと違和感がありました。むしろ、しっかりと言葉で褒めてあげてほしいなと思うのです。
posted by 藤田 康介 at 16:20| Comment(1) | 上海での育児・教育・子育て

2013年05月20日

上海、別れの季節

IMG_4193.jpg 

 すこしブログをご無沙汰していました。
 
 まず、5月27日〜6月5日まで九州に行きます。
 今回は、鹿児島で開催される日本東洋医学学会学術総会の夜の部で発表する演題を仰せつかったので、いまそのためのPPTの準備に忙殺、資料の山に埋もれています。

 今回は福岡から入り、九州各地の温泉研究もかねてクルマで寄り道しつつ鹿児島まで向かって、また福岡から上海へ戻る予定です。ちょっと早めの夏休みも兼ね、九州にいる友人たちにも会いますので、とても楽しみにしています。

 さて、2013年も5月の半ばも過ぎましたが、まだまだ人事移動の季節のようで、今年は特に上海を離れる日本人が少なくないと思います。おそらく、ちょうど上海ブームに沸き立っていた2010年の万博前後の時期に上海にやってきた駐在の人たちの帰国が多いように思います。さらに、続けてベトナムやシンガポール、タイなど東南アジアへ異動となる人も多いです。

 上海で暮らしていると、いつものように人の流動が激しいですが、だからこそすばらしい出会いがあったりして、今度はまたどんな出会いがあるのかどうか楽しみです。

 20日は、上海の日本人医師会のメンバーが集まって、註上海日本領事館の医務官の先生の送別会がありました。私も、これまでどれだけの医務官の先生を見送ってきたでしょうか。。。医務官の先生も、世界各国を転々とされていて、世界各国の情勢を伺い、とても参考になります。たしかに、これだけ日本のものが揃う街は、途上国ではそうないですからね。恵まれているといえば、間違いなく恵まれていると思います。


posted by 藤田 康介 at 16:20| Comment(0) | ここは上海なり

2013年05月16日

塩焼き大黄魚(フウセイ)と松茸

IMG_4009.jpg
(この巨大な棗はウイグルだから栽培できるもの)

 昨日のブログでもすこし書きましたが、私の友達の一人に、新疆ウイグル地区で棗や葡萄、ハミウリなどの農園を持っていて、しかも浙江省舟山で魚の養殖もしている方がおられます。上海人なのですが、本職はとてつもない大きな国営会社の総経理で、食に関するビジネスは半分趣味の世界だそうです。山東省には、黒豚の養豚場も持っていて、市場には流通しないけど、素晴らしい豚肉が生産されていて、脂身がしっかりとのった肉がとっても美味しい。もちろん、土壌や水質の汚染問題なども完全にクリアできた、良質の豚肉を個人取引だけで成立させているのだそうです。中国人でお金のある人は、こうした希少価値のある食材を重宝しますからね。

 そんななか、時々、贈答用にも使われる大黄魚をいただくのですが、これもとっても美味しい。

 上海人が食べる、数少ない海の魚に黄魚があります。皆さんも、上海で一度は口にされたことはあるはず。

 黄魚は、大黄魚と小黄魚に分かれます。この2種類はうり二つですが、実は品種が違います。日本語では大黄魚はフウセイ、小黄魚はキグチといいます。西日本から東シナ海にかけての海に生息するのですが、値段は圧倒的にフウセイのほうが高い。野生となると、レストランでは1,000元〜2,000元の値段がつきます。
 一方で、キグチは庶民の魚で、食堂などでも出て来ますが、キグチの肉は歯ごたえがあまりなくて水っぽい印象があります。

 ただ、中華料理ではどちらの魚も調理方法は同じで、紅焼が清蒸ぐらいしかありません。それではせっかくのフウセイが勿体ない。そこで、我が家の焼き魚用のグリルを使って塩をふって焼き魚にしました。

IMG_4164.jpg

 これが大正解!

 とっても魚のうまみが引き立つ味になります。日本料理でも、焼き魚にするのは、美味しい新鮮な魚しかできないと言われますが、フウセイは焼き魚にぴったりの魚だと思います。上海のスーパーでも手に入りますので、また楽しみが増えました。

 実は、上海料理には焼き魚という調理方法がないのです。だから、上海出身の妻もこういう食べ方をしたことがない。個人的には、素材の味を引き出す、一番シンプルな調理方法だと思うのですが、上海人には馴染みが薄いみたいです。 

 さて、前述の友達ですが、今度は雲南省でも西蔵に近い地域で松茸を収穫して、試供品をもってきてくれました。この松茸は、地元のお坊さんたちが収穫してきたもの。中国では乾燥させるのですが、松茸そのものはあまり食べられる食材ではありません。とはいえ、袋から出すといい香りがしてきて、早速おすましを作ってみました。今度は松茸ご飯にもチャレンジしてみます。

IMG_4166.jpg

 しかし、中国の富裕層は、食に拘っていますね。安全で美味しいものを、独自のルートで手に入れていることが多いです。そういえば、ある中国の大物政治家もそうだったなあ。

posted by 藤田 康介 at 08:07| Comment(0) | 中国で食べる