2013年05月06日

火鍋に使う「羊肉巻」とは

 未検疫の動物を使って「羊肉巻」を製作して外食産業に販売していた事件。
 詳しくは、こちらに書いていますが、その後の進展がありました。

 上海市工商局閔行区が各部門と協力して、漕宝路にある鑫品食品卸市場の摘発に入り、偽装食肉を売っていた業者の倉庫で商品を没収し、疑惑の肉をDNA鑑定して、偽装工作があったのかを調査しはじめました。さらに、その疑惑のある肉は、「小肥羊」や「澳門豆𢭐」、「品尚豆𢭐」、「傣妹」、「譚火鍋」など上海市内の有名な火鍋チェーンに発送されていたことも報道されていました。

IMG_3999.jpg
(羊肉巻はスーパーでも手に入ります)

 そもそも、「羊肉巻」とは、肉を寄せ集めてきて圧縮し、冷凍してスライスしたもの。今までも、他の肉が混ざっているのではないか?という疑惑があったのですが、業界ではすでに知られていて、アヒルの肉に羊脂を添加して、肉らしく偽造するのだそうです。うまく偽造できているものは、鍋に肉のスライスを入れたときに、脂肪と肉が分解しないのですが、一方で、バラバラになってしまったら問題有りと考えて良さそう。

IMG_4001.jpg

 とはいえ、肉を混ぜること自体は、中国の法律では規制されていません。今回問題となっているのは、ネズミやキツネなど未検疫の肉が使われたこと。しかし、羊の肉を食べに火鍋に行っているのに、中身はアヒルの肉だったというのなら、消費者を馬鹿にするのも程があります。

 火鍋は、以前も、火鍋スープの使い回しが暴露されたり、罌粟の実が使われていたりと問題ありの外食産業でした。火鍋ぐらい、家でやったらいいのにと思うのですが、そうもいかないのですね。しかし、肉の原材料をしらべるためにDNA検査までしないといけない時代というのも厄介ですね。

posted by 藤田 康介 at 11:30| Comment(0) | 中国の食の安全について

上海の大気汚染はPM2.5・PM10からオゾンへ

 H7N9型鳥インフルエンザは、ここ数日上海では新しい感染者は出ていません。一方で、高齢者の感染者が順次回復して退院してきていて、5日も4月13日に確認された78歳の男性、4月19市に確認された75歳の女性がそれぞれ退院しています。

 久しぶりに大気汚染ネタです。

IMG_3992.jpg


 さて、私もいまでも毎日チェックしていますが、大気の状況はここにきて夏〜秋に向けていつもの様相を見せています。まずは、今朝5時頃の上海世紀公園エリアの大気の状況は、PM2.5は61、PM10は67、オゾンは81となっています。(1時間単位)また、AQIは67でした。北京では、PM2.5が250超えしていますが、上海はそこまで悪くはありません。

IMG_3993.jpg


 一方で、これからPM2.5やPM10の値が下がってきた頃に上昇するオゾンなど光化学オキシダントの上昇です。上海市ではこの中でもオゾンの濃度に注目しているようです。
 オゾンは光化学スモッグの発生源になっており、特に、天気がよく、気温があがってきて、風があまり吹いていない日の午後2時〜3時ごろが要注意になります。オゾンは、酸化力が強いことから、殺菌などに使われますが、身体には有害な物質で、呼吸器に強い刺激をもたらすことが分かっています。


 日本でも、これからの時期は西日本や都市部を中心に光化学スモッグが出やすい時期ですからね。


 オゾンの大気中の濃度は、上海市が1時間おきに数値を発表しているアプリ「上海空気質量」で見られますし、大気汚染に関連する各種警報は上海市の気象台が発表しているアプリ「愛天気」でリアルタイムに受け取ることができます。


 
posted by 藤田 康介 at 10:47| Comment(0) | 上海の大気汚染状況