2013年05月20日

上海、別れの季節

IMG_4193.jpg 

 すこしブログをご無沙汰していました。
 
 まず、5月27日〜6月5日まで九州に行きます。
 今回は、鹿児島で開催される日本東洋医学学会学術総会の夜の部で発表する演題を仰せつかったので、いまそのためのPPTの準備に忙殺、資料の山に埋もれています。

 今回は福岡から入り、九州各地の温泉研究もかねてクルマで寄り道しつつ鹿児島まで向かって、また福岡から上海へ戻る予定です。ちょっと早めの夏休みも兼ね、九州にいる友人たちにも会いますので、とても楽しみにしています。

 さて、2013年も5月の半ばも過ぎましたが、まだまだ人事移動の季節のようで、今年は特に上海を離れる日本人が少なくないと思います。おそらく、ちょうど上海ブームに沸き立っていた2010年の万博前後の時期に上海にやってきた駐在の人たちの帰国が多いように思います。さらに、続けてベトナムやシンガポール、タイなど東南アジアへ異動となる人も多いです。

 上海で暮らしていると、いつものように人の流動が激しいですが、だからこそすばらしい出会いがあったりして、今度はまたどんな出会いがあるのかどうか楽しみです。

 20日は、上海の日本人医師会のメンバーが集まって、註上海日本領事館の医務官の先生の送別会がありました。私も、これまでどれだけの医務官の先生を見送ってきたでしょうか。。。医務官の先生も、世界各国を転々とされていて、世界各国の情勢を伺い、とても参考になります。たしかに、これだけ日本のものが揃う街は、途上国ではそうないですからね。恵まれているといえば、間違いなく恵まれていると思います。


posted by 藤田 康介 at 16:20| Comment(0) | ここは上海なり