2013年05月21日

幼稚園の参観日

IMG_4195.jpg 

 うちの娘は、ローカル幼稚園に通っています。

 なによりも保育時間が長い。標準でも朝8時から夕方の4時ぐらいまでみてもらえますので、我が家のように共働きだととても助かります。ローカルとはいえ、日本人や西洋人の園児もおり、一応国際色が出ているのは、さすが上海です。
  
 土日に仕事がある私は、週末に開催される親子遠足には行けた試しがありません。先日も、奉賢区のほうへ親子遠足があり、妻が連れて行きました。でも、たまに平日にも催しがあり、今回のような参観日なら、私も出席できました。

 なんせ、一人っ子が多い土地柄ですから、参観に来られるのは園児一人につき保護者一人だけ。カメラやビデオカメラを片手に、やってきているパパも少なくありませんでした。

 一クラスにつき、先生が2人とあとアシスタントの人たちがいて、結構手厚く人を配置しているのだなあという印象でした。

 娘はまだ年少ですが、すでに英語の歌をうたったり、部屋の中でのお勉強が少なくありません。もちろん、外でも遊んでいましたが、日本の幼稚園のように泥んこになることはまずないし、園庭も舗装されているので、砂で遊ぶというようなチャンスもすくないらしい。結局、そういった遊びは、家に帰ってから補うしかないですね。時間があれば、世紀公園に連れて行っています。

 娘によると、「今日は、親が来ているからみんなお利口さんを装っているけど、実際はそうじゃないんだよ〜。」ということでした。時々、娘のポケットにあめ玉が入っていることがあるのだけど、その理由がわかりました。どうやら、うまくできた子供には、時々先生からあめ玉がもらえるらしい。中国の幼稚園ではごく当たり前のことらしいですが、私にはちょっと違和感がありました。むしろ、しっかりと言葉で褒めてあげてほしいなと思うのです。
posted by 藤田 康介 at 16:20| Comment(1) | 上海での育児・教育・子育て