2013年08月02日

夕立で道が川になってしまいました

 ここ数日、上海では午後から夕方にかけてとんでもない大雨がふり、夜にはいい感じで私も空調なしでも寝られています。とくに、うまく帰宅時と雨上がりが重なれば、帰宅時もとても気持ちいいです。夜には久しぶりに30℃を割って、29℃という気温が出ていました。嬉しいですね。

IMG_5592.jpg

 1日の大雨では、うちの中医クリニックのある中山西路エリアの側道は、すっかり川のようになってしまい、道路を横断するのも一苦労する状態でした。普段の雨でも、水かさが増しやすいエリアだけに、暴雨となるとかなり厄介ですね。

IMG_5586.jpg

IMG_5588.jpg

IMG_5589.jpg


 ただ、記録的な猛暑となっている上海の今年の夏は、これだけ雨が降っても降水量は平年の8割ほどしかないらしい。7月はもっと少なく、平年の7悪ほど。その原因は、梅雨明けが例年よりも早く、降水量も少なかったのだそうです。

 そして、この暑さ。7月の平年の平均気温は28.6℃だったのに、今年はなんと32℃。つまり、4℃も気温が高かったことになります。しかも、今年は徐家匯で最高気温が35℃以上だった日が25日間もあったというのも驚きですね。記録づくしの7月でした。

 地球規模の環境の変化とも関係があるとも言われています。今年は、チベット高原の雪が少ないのも原因の一つらしい。

 予報では、来週もまだ40℃近い最高気温になるそうです。三国志の時代も含めて、2000年に一度の暑さになるとか巷ではささやかれています。


posted by 藤田 康介 at 07:16| Comment(0) | ここは上海なり