2013年08月25日

40畝の農地をどう使うか?

 先日、このブログで周庄の農園を見に行ったことを書きました。実は、その後いろいろ親友達があつまってきて、本当に農園をする運びになってきました。

 面積は40畝。平米に換算すると約27000平米になります。上海から100キロ程度の田舎とはいえ、これほどのまとまった農地を自由に使ってもいいというのもなんかのご縁だと思います。

 集まった仲間は、私以外はみんな中国人で約10人。海外留学帰りが多く、弁護士や会計士、建築家、さらに農業専攻の大学教授など各方面の専門家達がこのプロジェクトに賛同することになりました。みんな70年代生まれのほぼ同世代です。


 みんな食の安全にはいろいろ気遣っていて、問題の解決が難しいこともよく分かっています。だからこそ、自分たちでどうにかできないかと考えたわけです。

 さっそく、うちの会社「甘霖」の事務所に集まってもらって、どう活用するかのスキーム作りを始めています。投資してお金を儲けようというのではなく、地元の農家の人たちの助けを借りながら、農地に生命を吹き込めないかと考えたわけです。

 現在までの計画では、野菜・果物のほかにも、生薬(中医薬・漢方薬)の栽培も考えています。また、ニワトリやアヒル、山羊などの家禽類も飼育する予定です。現在、すでに先行してウサギ100匹が農場を飛び回っています。

 上海から100キロというのは、高速道路で走るので、さほど遠くはないですし、農地の立地条件も悪くないと思います。みんな子育て世代なので、子供たちにも土を触らせてあげたいという思いもあります。

 さて、どんなプロジェクトになるのか、楽しみです。




8月〜9月の日本出張予定
posted by 藤田 康介 at 14:24| Comment(0) | 趣味の世界