2014年08月26日

上海で壁の塗り替えとカビ掃除の必要性

 上海での住宅事情でもっとも気にかけないといけないのは、やはりカビとダニではないかと思います。いずれも、初めは目に見えず、そのうちジワジワと浸食してきます。我が家でもいろいろ気を遣ってはいたのですが、さすがに家具の後ろまではマメに掃除はできておらず、今回思い切って壁を塗り直すことにしました。

IMG_2554.jpg

 うちも小さい子供が居ますし、アレルギーの問題も気になります。そして、この際、使用頻度の低いリビングルームを改造して、妻の書斎+娘の勉強部屋にしてしまうことにしました。大型テレビを置いてあっても見ることは殆どないし、家具が多いと風通しが悪くなってまたカビの原因になります。とにかく、シンプルに暮らしたいと思っています。

IMG_2558.jpg

 最近、上海で便利なサービスを見つけました。日系のニッポンペイントが(中国語で立邦漆)やっているのですが、我が家も自宅のエレベーターに張られている広告で知りました。ちなみに、10年ほど前に自分の家を内装したときもニッポンペイントを使っています。

 このサービスがすごいのは、ペンキを塗るときに自分で職人さんを探してこなくてもよいという点です。ペンキのメーカーが、どの製品をどう使ったらよいのか的確にアドバイスしてくれるし、施行までもやってくれるというのは上海では画期的なことだと思います。特にニセモノの製品を掴ませられるリスクも減ります。ちょうど時期的にも、内装をさわる家も増えてきているわけですし、専門業者に入ってもらえるのはとても心強いです。そしてちゃんと見積書も作ってくれました。

 日本ではあたりまえですが、このあたりはさすがですね。
 いま、上海でのニーズも「とにかく安く!」から、「確実性と便利さ」を求めるようになってきています。

 住みながらペンキをぬるというのは、確かにいろいろな問題があると思いますが、エアコン嫌いの我が家では、夏場は窓を開けていることが多いし、これだけカビが出て来てしまうと局所的に部屋の一部を塗り直すというのも必要だと思います。

 最近の我が家では自宅の和室のクロスも張り替えましたが、やはりこれもカビ対策でした。工賃が安い分、気軽に施行もできますが、いずれにしろ気密性の高いマンションの欠点ですよね。

IMG_2556.jpg

 さて、施行のお兄さんが現場に入って下さり、2日間で終わりました。(北方人みたいで、言葉が聞き取りにく困りましたが。。。)
 もちろん、養生もちゃんしてくれました。正直、丁寧な仕事ぶりに感心しました。さすがに、施工中は家にいるのはよくないので、近くのホテルに脱出することにしましたが、完成の電話があったので見に行くと、ゴミもきれいに掃除されていたのには驚きました。昔は、施主が自分で処理していましたからね。

IMG_2616.jpg
(完成!)

 話しを聞くと、施工にきたお兄さんもニッポンペイントで研修をうけるのだそうです。そりゃそうでしょうね。さまざまな材料の使い方も勉強するのだとか。
 昔、内装をしたころは、下地をつくるのに部屋が白い粉で真っ白になりましたが、今ではそういう工程も省略できるようになったのだそうです。

 日系企業の中国での苦戦が日本の新聞でよく報道されていますが、いろいろ大健闘をしている企業も実際はあります。例えば、内装するとしたら、ニッポンペイントの製品はかならず中国人の候補に出てくるぐらいですから。

 うまく成長の浪に乗っている企業の話しも現地にいるとよく耳にします。良いことはあまり口外しませんし、一概に何とも言えないというのが、現実ではないでしょうか。


東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 上海での住宅内装

2014年08月19日

4時間遅れの上海-関空移動

  最近の上海はあいにくの雨続き。
 そんな中、近畿エリアでの用事を片付けに、8月18日〜21日まで日本におります。古北院での診察は21日の午前はお休みしますが、午後は診察します。

IMG_2485.jpg

 いつものように朝6時に出発して浦東空港までクルマで。最近、羅山路高架道路が完成して、空港に行くのが便利になりました。空港の駐車場も1泊50元程度なのでちょっとした出張なら空港にクルマを泊めておいた方が楽ちんです。渋滞が多い上海ですが、いろいろな工夫も日々行われています。

 天気もまずまずで、MUも定刻で飛べるかと期待していたのですが、いきなりDelayの表示が。周辺の便が正常なのに、登場予定の便だけがいつまでたっても飛ばない。

 理由は機材整備のためだそうですが、故障かなにかがあったのでしょうか。

 朝食としてかビスケットが配られましたので、これは長丁場を覚悟しないといけないなと判断。散歩やら読書をしながら時間を潰すも、やはり動きがなく。

 そのうち、MU関空便の後からの便もどんどん出発していきます。

IMG_2491.jpg
(機内食より美味しいというウワサも。)

 今度は、お昼ご飯の弁当までも出て来ました。一瞬、今日中に関空に到着できるか?と不安を感じましたが、とりあえず今日は日本で墓参り以外の大きな用事がなかったのでイライラもせず、久しぶりのまとまった読書タイムを楽しみました。

IMG_2493.jpg

 さらに、4時間以上の遅れによる補償金も出て来ました。エコノミーは400元、ビジネスは600元とのこと。とはいえ、現金支給の放送などは一切なかったので、私もカウンターの様子を見つつ、取りに行きました。

 結局、補償金を支給し終わったぐらいに飛行機は出発。それでも、滑走路が混んでいる関係ですぐに離陸とはいかず、しばらく缶詰状態でした。

 搭乗後の機長のアナウンスが面白かった。「今回、当社は確かに運営上の問題がいろいろありました。次回は航空会社をよく選んで登場してください。」 きっとブラックジョークのつもりだったのでしょうけど、乗客からは苦笑も。さすがに、この一言は日本人の客室乗務員は訳していませんでした。(^_^)

 しかし、クルーの様子をみていると、関空便には日本人の乗務員が時々いるのですが、健闘ぶりが目立っていました。テキパキと中国人に指示を出していました。中国の会社とはいえ、現場ではそんなこと関係ないですからね。

 関空に着いたのはもう夕方。
IMG_0032.jpg

IMG_0034.jpg
(ハルカスが見えてきたら天王寺!)

 予定していた午後の墓参りは断念し、「はるか」に乗ってさっさと実家への道を急ぎました。
 夜は近くのスーパー銭湯「虹の湯」でゆっくりとすると、気分はすっかり日本モードになってしまいますね。

IMG_0036.jpg

 しかし、この遅れのおかげで、江戸時代の日本漢方の名医後藤艮山の、日本の温泉医学への貢献を知ることができました。特に、その弟子である香川修徳が記した「一本道選薬」はぜひ読んでみたいと思い、アマゾンでポチしてしまいました。いや、なにがどう関係してくるかわかりませんね。

続き

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 06:44| Comment(0) | やった〜!日本なり

2014年08月18日

今後のブログ「我が愛しの上海へ」の更新先について

 先行きがよく分からなくなってきたので、今後元祖「我が愛しの上海へ」は以下のようにすることにしました。私が上海にいる限りは不定期ですが、自身の備忘録として更新され続けると思います。

 中国関係のコンテンツは、今表示している「甘霖・我が愛しの上海へ」に掲載していきます。2005年から書いてきた元祖「我が愛しの上海へ」の過去記事も実はこの中に入っています。

 中医学と関係のあるコンテンツは、「中医・我が愛しの上海へ」に掲載しています。

 そして、私の最近のブログ更新状況は、自分の公式サイトである「細水長流」から分かるようになっています。ここの検索窓から2005年からの記事検索もできます。
 
 さらに、この2つのサイトの更新状況は、「細水長流」のこちらからも確認できます。同時更新される仕組みになっていますので、私の動向に関心をもってくださる方はこちらをチェックしてくださるとラクかもしれません。

 元祖「我が愛しの上海へ」は、2005年以来250万アクセスほどあったようですが、過去記事もどっかにいってしまうようだし、とりあえずここは一区切りをつけます。

 やはり、自分で管理できるサーバーでないと色々厄介ですね。そのためには多少の投資も必要です。(^_^) 

 これからもよろしくお願いします。
posted by 藤田 康介 at 05:26| Comment(0) | ここは上海なり