2014年11月29日

とっても厄介な杭州市内のナンバーによる交通規制

 ご存じのように、上海市でも内環状線、中環状線、延安高架道路、南北高架道路を中心に上海ナンバー(瀘)以外の朝夕ラッシュ時間の乗り入れを制限していますが、高架道路さえ使わなければ、まだ市内に乗り入れることはできます。また土日は制限もありません。

IMG_3596.jpg

 ところが、浙江省の省都であり、中国有数の観光都市である杭州に、上海など地方のクルマが乗り入れるときはとても厄介にルールがあります。我が家もよく杭州にドライブにいくのですが、いつ通行できるのか確認しながら予定を立てています。

 杭州市内は昨今の自動車急増にともない渋滞が悪化し、かなり厳しいナンバープレートによる市内乗り入れ制限を行っています。とくに、2014年5月5日より杭州の地元ナンバーである浙Aナンバーでも細かい制限があるので注意が必要。以下にまとめておきました。

1.平日(月曜日〜土曜日)

  7:00〜9:00、16:30〜18:30は杭州中心部の指定エリア以内(図を参照)への浙Aナンバー以外の乗り入れ禁止。高架道路だけでなく、地道も乗り入れ禁止。

20110601140247-0.jpg

 また、浙Aナンバーのクルマも、ナンバー末尾によって乗り入れ規制あり。

 月曜日:末尾が1か9、火曜日:末尾が2か8、水曜日;末尾が3か7、
 木曜日:末尾が4か6、金曜日:末尾が5か0。


2.週末及び休日

  春(3月〜5ごろ月)・秋(9月〜12月ごろ)の行楽シーズンを中心に西湖周辺エリアは8時半〜17時まで交通規制。偶数日は偶数ナンバー、奇数日は奇数ナンバーが乗り入れ可能です。これには地元ナンバーと地方ナンバーの区別はありません。それ以外の時期は、乗り入れ可能。

 とっても細かい規定ですね。浙Aのナンバーを取得していても自由に市内を運転できないような仕組みになっていますが、これほど台数が増えると、強制的な処置が必要ですよね。

 とはいえ、杭州も魅力ある都の一つ。我が家でも、時間があればいろいろ訪れていますが、渋滞も多く、路地も多いので、クルマの運転には注意が必要です。

東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 20:30| Comment(0) | 上海の運転免許・クルマ・教習所