2018年06月26日

奈良県一のっぽビル最上階の露天風呂

IMG_5494 (1).jpg 

 2018年2月15日にOPENしたカンデオホテルズ奈良橿原。
 重伝建地区でもある今井町から徒歩数分、大和八木駅前すぐの立地条件だけに、我々地元民にとっては宿泊するチャンスはそうないのですが、色々地元では話題になっているホテルだけに、ものは試しと一度宿泊してみることにしました。

IMG_5496 (1).jpg

 カンデオホテルズには、私も出張時には日本各地でお世話になっていて、なかなかお洒落で、それでいて比較的リーズナブルな価格設定には重宝しています。

 中国でもそうですが、せっかくのホテル宿泊の楽しみは、ちょっとした非日常感が楽しめるところにあると思うのですが、なんせ今井町の家が、戦国時代から続く古い町並みの中にあるため、ホテルのロビーに入っただけで、凄く新鮮な感じに。この違和感が堪らない・・・。

 ホテルは橿原市役所と同じ建物で、ミグランスと呼ばれています。全国的に見ても非常に珍しい試みでもあります。まあ、それが一部の地元民の間では賛否両論になっているのですが。。。

 このミグランスが奈良県下で最も背が高いビルだ!といっても、10階建てで、日頃みている上海の摩天楼とは比較にはならないのですが、一般にも開放されている展望台もあり、そこから見える大和三山の絶景は実に素晴らしいです。今井町も眼下に見えます。

IMG_5546.jpg

 さて、ホテルのロビーは9階にありますので、市役所の向かい側にあるエレベーターから上へあがります。

 実は、この9階ロビーからの眺めも素晴らしく、葛城山・金剛山・二上山そして畝傍山までキレイに見渡せます。ロビー奥は朝食会場にもなっています。

 まだまだ新しい建物だけに、部屋も新しい。

IMG_5501 (2).jpg

 東京のビジネスホテルではいつもなかなか上海から運んできたスーツケースが十分に広げられませんでしたが、ここなら大丈夫でした。アメニティーグッズも充実していて、ゆっくりできる空間になっています。

 私にとって旅のメインはやっぱりお風呂。
 10階にありますが、ここからの眺めも素晴らしい。
IMG_5524.jpg

 この日は、男湯から耳成山が一望できましたし、眼下には近鉄電車も。
 天然温泉ではないですが、景色を楽しむだけでも十分に堪能できます。

IMG_5539.jpg

 屋上デッキには露天風呂もあり、星空を眺めながらお風呂に入ることができますし、朝になると見事な耳成山のシルエットを眺めることができます。奈良県内でこれほど眺望がよい駅前ホテルはそうないのではないでしょうか?

IMG_5518.jpg
 
 ここのお風呂を一般開放するという話もあったそうですが、今はまだ実現していません。私の印象では、一般開放するには、根本的にお風呂が小さすぎるような印象です。果たしてどうなるのでしょうか?まあ、そこそこの値段にはなるでしょう。

 朝食もビュッフェスタイルですが、工夫されていてなかなか充実していました。インスタ映えする内容かも。

IMG_5551 (1).jpg

IMG_5552 (1).jpg


 地元の食材を使った料理もありましたが、個人的にはもう少し奈良の特徴を出して欲しかった。お粥もありこれは朝の胃にはとても優しくて良いのですが、たとえば「茶がゆ」を紹介しても良いだろうし、三輪素麺なんかもあっても良いのにとも思いました。

IMG_5550.jpg


 ここは修学旅行生など団体様が利用するホテルと言うより、個人や小グループの観光客やビジネス客が利用するのにちょうど良い、比較的ゆったり出来るホテルだと思います。ターゲットの客層については、地元の間でももう少し議論されても良かったでしょう。それぞれの層にあった施設が必要なのです。

 地元の人も、素晴らしい大和盆地の眺望を楽しみ、バリエーション豊富な朝食を楽しみ、ちょっと気分転換にT泊するというのも十分ありだとは思います。今のところ、お風呂も朝食も宿泊客限定になっていますし。


 ただ、残念だったのは、地元橿原市を紹介する要素がホテル内に余りにも少なかったこと。せっかく耳成山が一望できる浴場なのに、その紹介はなかったし、客室内にも解説書などもありませんでした。ホテルから歩いて数分でいける今井町の紹介もあまりなかったし、ちょっと残念。1階には観光案内所もあるのですが、果たしてどれだけの人がこれに気がつくのかどうか?

IMG_5566.jpg

 この日は、東京出張から戻ってきたすぐだけに、都内の正直バカ高い割には部屋の小さいビジネスホテルと比較すると、とてもお値打ち感がありました。

 今まで、外国人の友人を連れてきて、今井町周辺に宿泊するとき、地元の旅館も紹介したことがあるのですが、あまり外国人に慣れていないのか、言葉の交流に問題があり、携帯電話片手に必死に通訳をしたこともありました。確かに、それもよい経験と言えばそれまでですが、こうして外国人でも安心して宿泊出来るようなホテルが、近鉄大和八木駅前に出来たことは非常に意味あることだと思います。おもてなしをする側に関しても安心感が違います。その割には、PRが少ないなあとも思います。

 なんといっても、大和八木駅からは、関西空港まで直通約1時間のリムジンバスが走っていますし、奈良県の玄関口としても、決して遜色ないと思います。

 これからの発展を期待します!

公式HP:カンデオホテルズ奈良橿原

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 日本の温泉