2012年08月02日

奉賢区の田舎の野菜の恵み

 火曜日の中医クリニックでの休診日を利用して、再度上海奉賢区の農家をお邪魔。

 つい先日に2箱かった水蜜桃が非常に美味しく、家族であっという間に平らげてしまいました。

 水蜜桃の数には限りがあるので、再度、農家に電話したら、まだもう少し収穫できるという嬉しいお返事をいただき、家族をつれて出かけました。
08021.jpg


 奉賢区の海側にある星火開発区近くにある農家で、浦東新区の我が家からだとひたすら浦星公路か林海公路を南下すると到着します。意外と知られていないのが林海公路で、これは楊高南路とつながります。新しくできた道路で、回りの緑も美しく、ドライブしていても気持ちいいです。クルマで1時間ぐらい。(最近、地下鉄工事の影響で羅山路が工事現場状態。なるべく避けたいと思っています。)

08022.jpg


 農家の庭先にクルマをとめさせてもらい、井戸水で冷やされたもぎたてのトマトや、ヘチマやウリなどの夏野菜もお土産に。いつもタダで頂いては申し訳ないので、封筒にお金を入れて渡すのですが、なかなか受け取ってもらえず恐縮してしまいます。

 それでも、美味しいものは美味しい。娘は早速かぶりついていました。

08023.jpg

 美味しい野菜があれば、子供の野菜の好き嫌いは本来発生しないはずなのだけど、なかなかそういう美味しいモノには巡り会えないのかも。幸い、娘は野菜の好き嫌いはないのですが、やはり新鮮なものを食べさせてあげたいと思います。



 帰り道、クルマの外は35℃だというのに、ハンドルカバーや地図、シートの背もたれなどを売る行商人を発見。赤信号で止まっている車がターゲットなのですが、クルマの間を縫うように歩く姿に、思わずご苦労様と言いたくなります。熱中症、大丈夫なのだろうか?と思うと共に、中国人の商魂に感心しました。

08024.jpg



健康ブログ:「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めては、こちらから。
【連絡】 ・8月19日(日)は東京でのTCMN15周年夏大会での発表のため、休診します。
posted by 藤田 康介 at 22:06| Comment(0) | 中国で食べる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。