2012年09月22日

結局その後。。。。

0922.jpg

  上海地下鉄9号線のいつもの駅前は行商人がたくさん。この日は、服売りのひとたちも登場。雨が降れば傘売りも。そして、「城管」がやってくると、一目散に退散。表向きは厳重に禁止しているようだけど、監視の目がなくなったら、即復活。 

09222.jpg

 そして、22日はノーマイカーデーのハズだったのですが、道路は相変わらず長い渋滞。全く効果なしでした。(写真は21日の楊高路の様子ですが、金曜日の夜と言うことでとんでもない状態でした。)

 ところで、少し前に書いた自分のブログですが。。。。


1.日本系メーカーのクルマでは通勤はしない。私は徒歩通勤に切り替えました。 我が家のウマは日系現地法人のクルマ。家族もいるので、クルマなしの生活はちょっと難しい。18日も用事があるごとにクルマを乗り回しておりました。最悪、破壊されても、苦労して手に入れた上海ナンバーは残るので、その時は新しいクルマを買えばいい。上海ナンバーを手に入れる方が大変。ただし、安全運転にはいつも以上に気を遣っています。
 秋は食欲も増してきて、眠気に襲われやすくなるので、通勤は健康のためになるべく歩くことに。うちのご近所の上海人も普通にレクサスを運転しています。毎朝見かける軍関係のお迎えのクルマもアキュアとか。

2.職場と自宅を往復し、寄り道しない。
 仕事が忙しいので、寄り道するヒマがない。もともとそういう生活でした。

3.日本人が多いエリア、飲食店には近づかない。
 日本人が多いエリアに行く用事が全くない。用事があれば行きますが。

4.中国語ができない日本人成人とは極力タクシーに乗らない。
 健康の為に、タクシー運賃を積み立てるタクシー貯金をはじめたら、タクシーにのるチャンスが全くなくなりました。

5.街中で携帯電話では日本語を喋らない。(特に地下鉄。逃げ場がないので。)
 96年当初から上海の街中で大きな声で日本語を使うことに抵抗があったので、結局そのままで。今もその緊張感はあります。患者さんからの日本語の電話はかならず物陰で。そういうクニに暮らしているのだと言うことを忘れないことです。地下鉄では、もちろん携帯はとれません。日本でもそうですよね?マナー、マナー。

6.何かが発生したら、ヤジウマにならずとにかく逃げる。
 何かが発生していない。

7.香港人・シンガポール人にカモフラージュ。(もめるので韓国人にはカモフラージュしません。)
 上海人のなかで、好感度が一番いいアジア系はシンガポール人なんですよね。礼儀正しく、言葉遣いもいいらしい。(で、その逆は・・・・だそうです。)
 私も日本人と声を大きくしていいたい。だけど、だれも私を日本人と信じてくれない。そのための証明が余計に大変で、パスポートを見せたこともある。だったら、アジア人でいいや、という感じです。


8.単独行動か、中国人と行動する。
 もともと単独行動が好き。家族で行動すると、必ず中国パスポ−ト所持者が2人いる。


 ということで、いつものように生活していれば、まずは大丈夫という結論になりました。


 ご自身で判断して、安全と思えば、それでいいのです。現地にいない人からの情報より、自分自身の本能のほうが正確ということが多いのです。




【連絡】・東京での温泉気候物理医学会招待講演のため、10月7日(日)は休診します。 
・健康ブログ:「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めてはこちらから
posted by 藤田 康介 at 17:25| Comment(0) | ここは上海なり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。