2012年11月19日

大気汚染も中国リスク管理の一つに

 大気汚染ネタが続きます。

 上海市政府が、大気汚染の情報を出すようになってから、上海在住の日本人の皆様も関心をもってくださるようになり結構なことだと思います。私も日々の中医クリニックの診察でも、患者さん一人一人に大気汚染のお話をしています。残念なことに、そういった情報を知らない日本人が殆どなのです。


 PM2.5の値にしてもそうですが、日によって、時間によっての違いが非常に大きいのが特徴です。雨の降った日などは、もの凄く数値がよくなりますし、風向きによっても変わります。


 よって、1日1回はShanghai Enviromental Monitoring CenterのHPで、上海の大気汚染度をチェックしてから行動してください。洗濯物を外に干すか干さないか、子供を外で遊ばせるかどうか、基準になると思います。


 さて、写真は11月19日の我が家の書斎からみた様子です。写真をみただけでも、分かるでしょう。この日の汚染度のひどさを。

110211.jpg



 PM2.5の値は200をこえ、いわゆる「Very unhealthy」となっていました。そんなことをTwitterでつぶやいていたら、なんと上海の某学校では持久走の記録会が行われていたとか。まったく開いた口がふさがりませんでした。子供たちの健康を守る医者の一人として、それはないだろうと思いました。



 健康な人でも、喉がイガイガする程度の汚染度だというのに、わざわざそんなときに激しい運動をする必要はないのではないかと思いました。子供ならなおさらです。



 最近、(私も含めて)のどをやられる人が多いのは、紛れもない事実です。私も日頃の中医クリニックの診察で実感しています。



 最近、上海市の環保部門も上海で大気汚染が悪化していることを認めています。特に、今までの石炭燃焼が原因の大気汚染から、今ではクルマの排ガスなど複合的な要因によるものが急増しています。そのため光化学スモッグの発生など、問題が山積している一方、規制が非常に難しいのも事実です。そこで、上海市では予定を前倒しにして、クルマの排ガス規制を2013年度から国X基準にするこを決めましたし、今後段階をきめて、上海の大気汚染を改善する施策を実施していくとのこと。



 少しでも改善されるように願います。

110212.jpg



 中国ではまだまだ空気清浄機も普及していません。普及率はなんと0.2%だとか。一方で、81%の市民が都市の大気汚染状況に不満を持っています。結局、今の段階では部屋の大気汚染を改善するために、空気清浄機を使うしかないでしょう。私も、19日にもう一台空気清浄機を買いました。今回はシャープのプラズマクラスターです。3000元前後で買えます。ただ、最近買う人が増えたのか在庫切れで、展示品を値切らせて持ち帰りました。今の段階では、部屋で空気清浄機を使うことは有効な対策ですので、ぜひ常備されることをお勧めします。

112103.jpg

 ちなみに、プラズマクラスターは、私は自分のクルマにも使っていて、確かにニオイがとれますね。すごいな〜、と思いました。(私とシャープは関係ありません。)

 これで、サンヨー、パナソニック、シャープと3台の空気清浄機が我が家にあります。また、エアコンはダイキンですので、こちらでも空気清浄させています。結局、当初買った中国メーカー系のエアコンは、値段は安かったのですが、故障続きで廃棄してしまいました。

 これから、市民の意識が高まってくると、空気清浄機が爆発的に普及するような予感です。日系企業もチャンスですよ。




・健康ブログ:「我が愛しの上海へ2」-理想の中医学と漢方を求めてはこちらから 
posted by 藤田 康介 at 10:56| Comment(0) | ここは上海なり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。