2009年06月02日

アレルギーと温暖化

 上海市の2009年5月の平均気温も平年より2.4℃も高く、かなり雨が少なかったようです。
 まもなく地獄の夏になるわけですが、私自身、上海で夏を迎えるのが毎年苦痛になっています。ここでは暑さがものすごく人工的に感じるのです。

 今年も上海で最高気温が39℃になることも予想されていますから、今年の夏も大概暑そうです。

 アメリカの研究で、地球全体の温暖化が進むと、花が咲く時期が延び、花粉が飛びやすくなり、空気中のオゾンの量も増える、こんなデータが紹介されていました。さらに、温暖化で昆虫の繁殖エリアも拡大し、たとえばアラスカでは気温が上昇して雪解けが早まり、虫が増えてるというのです。

 その結果、アラスカでは虫に咬まれて病院を訪れる患者の数が6倍以上に増加。花粉症などのアレルギーを抱える人も増えており、温暖化による影響がアレルギー反応という形で人体に及ぼし始めています。

 今後、気候の変化はさらに極端になります。ジメジメしていたところはさらにジメジメし、乾燥しているところはさらに乾燥するようになります。

 私も数年前までは花粉アレルギーはなかったのですが、ここ数年春先日本に帰る度にひどいです。それも年々敏感になってきているのが分かります。

 温暖化を少しでも食い止めることが、鼻炎の解消にもなるわけですが、今のままでは難しいですね。

上海エクスプローラー・中国関連ブログ人気ランキングへ

 
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類