2009年06月05日

フランス・フラヴィニーで宿泊して

 フラヴィニーで初めて1晩過ごしました。朝の目覚めは、なんと「鳥の鳴き声」です。それ以外の音が全く存在しないのです。当然、車の音もありませんし、人の声もありません。こんな静かな目覚めは、何十年ぶりかです。フラブィニーの日暮れはびっくりするほど遅かったですが、日の出は特に早いという感覚ではなく、大体私たちの感覚にあっていました。今日もいい天気です。

 あまりにものどかな世界に、同じ地球上で上海のような喧噪があることが本当に不思議なぐらいです。フランスでも有名な古い村でありながら、土産物とか商売する人は皆無だし、お金・お金と走り回っている人たちも外から見る全くいません。平日だというのにガーデニングを楽しんでいる人たちや、庭先で勉強している若者とかのどかです。農業国で、自給率が100%越えている国、フランスです。心に余裕があるのでしょうか。

 今回私が投宿している別荘は、400年前に建築されましたが、最近、新郎のご両親が改装され、電気製品も入れられ、現代的な感覚で住めるようになっています。しかし、建具や暖炉などはオリジナルものを大切に修理し、見事に再生しています。

 私も中国の古い田舎をたくさん歩いていますが、残念ながらまだ「保存よりまずは破壊」の段階で、「金目のものはすべて売り飛ばす」というような印象があるのですが、先祖代々でこうした古いモノを守ろうという意識と、景観保持に対するこだわりは、さすがフランスといわざるおえません。

 早朝から、村に繰り出してみました。見るモノなにもかもが新鮮です。幸い、ディジョンにいる妹が本場フランスの「カルフール」からサラダやパンを仕入れてくれていたので、食べ物には困らず。何せ人口200〜300人程度の村ですから、レストランをしてもよっぽどの観光客がいない限り、やっていけないでしょう。農民たちが殆どの住民なので、自給自足には困らないらしい。

 まずは、この別荘をご紹介しましょう。フランス・ブルゴーニュ地方の絶景が楽しめる位置にテラスがあり、ここでバーベキューができるようになっています。もちろん、ダイニングからもばっちり景色がたのしめます。ダイニングにテレビがないというのもいいですね。でも、暖炉がありますので、冬場氷点下10℃ぐらいに下がったときでも、大丈夫そうです。

 地下は2階建て。しかも、一番下は400年以上の歴史をもつワイン製造場。今は作っていないのですが、葡萄を収穫して、ワインを樽詰めにするまでの全行程を自宅でやっていたそうです。その隣はワイン貯蔵場。樽にはカビが生えていたのですが、たしか、抗生物質のペニシリンも元はといえばこうしたカビから発見されたことを記憶しています。


 メインのベッドルームからもすばらしい眺めを堪能できるようになっていて、特にベッドルームにみえる建物の梁に感動します。移築したものではなく、本物の造形美です。

 庭はけっこうなスペースが取られていて、その昔は食用のウサギが飼育されていたそうです。隣の家では、美しく畑が作られていて、それだけにも風景になりそう。とにかく、各世帯が外に対して「美しく見せよう」という努力が嫌みなくされていて、それが村全体の調和を作っていると思うのです。残念ながら、「商売・商売」に忙しい中国の農村は、そこまでの余裕はありません。ただ、日本の農村、それも農業が生き生きしている地域では、まだそういった意識は残っていると思います。

 今回の結婚式に間に合うように進められたこの別荘の改装。新郎のご両親には感謝します。

中国関連ブログ人気ランキングへ

自宅でワインが仕込めるなんて。。。築400年以上らしい
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類