2009年06月04日

フラヴィニーの別荘にて

 妹からは、お母様が医師であることを知っていましたが、なんせ英語が殆ど通じないので会話が難しい。。。でも、体いっぱいつかって会話して、なんとか意思疎通を図りました。

 車は丘を突っ走り、山を上っていくのですが、その間に多くの小さな村があり、そのたびに速度制限があり、ぶっ飛ばしていた車のスピードが落ちます。どの村も非常におしゃれで、「ああ、いまフランスにいるんだ、ああ、中国ではないんだ」と実感させられます。小高い丘は、グリーンでいっぱいで、牛が放牧されています。

別荘の外観とテラス ワインを傾けるのには最高の景色です


 そして、そんな丘のてっぺんに、これから2泊するフラヴィニーの別荘があります。
 フラブィニーという街は、人口約200〜300人程度の本当に小さな村です。映画『ショコラ』で一躍有名になったのですが、そのロケ地がここです。ただ、実際に撮影された画面は、自然風景も含めてCGで合成されているので、まったくのオリジナルではないそうですが、面影は十分残っています。


 今回泊めていただく別荘のすごいところ。それは、なんと築400年の石造りの建物を再生したという点です。先祖代々受け継がれている家屋敷で、地下室にはその当時から使われてきた400年前のワイン製造地下室なども残っているのです。

立派な梁です


 中国で言えば、私が江西省などでみた農村などがそれに当たるでしょうか?江南の水郷などもそれぐらいの歴史がありますが、決定的にフラヴィニーと違うのは全然観光地化されていないという点。フランスでももっとも美しい村の一つと言うぐらいだから何か観光的要素があっても良さそうですが、まああえて言うならあの砂糖菓子「ボンボン」ぐらいでしょうか。このあたりは、明日じっくりと散策しようと思っています。

 この日は、時差ぼけもあり、午後4時ぐらいにベッドにつくと、朝まで寝込んでしまいました。でも、この時期のフランス、日の入りが遅いのです。夜10時頃でもまだ薄暗い。。。時差ぼけと明るさの感覚が狂ってしまい、私の体内時計はかなり混乱しています。

中国関連ブログ人気ランキングへ

骨董品が置かれていました
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類