2009年06月17日

これは漢方薬ではなく中医薬だと思う

 新型インフルエンザの治療で、中国では中医学を積極的に使っていることは、新型インフルエンザ、中医学の動向で、昨日ご紹介したばかりですし、このブログでもたびたびご紹介しています。
 が、日本のマスコミも中国のマスコミ記事の翻訳の形で、【新型インフル】タミフル使わず、漢方薬で回復 中国と産経新聞が報道しています。

 漢方薬と書いてしまうと、日本漢方、すなわち和漢で治療してしまったようなイメージを受けます。漢方は中国でも日本の伝統医学のことを指します。正確には中医学(中医薬)と訳しださないといけません。

 日本で新型インフルエンザの治療で、厚生労働省が漢方を使いなさい、というわけはまずないだろうし、ここはやっぱり「中医学」と表記しないと語弊がでると思います。

 漢方を専門に研究なさっている日本の専門家には、中医学と混同されることを嫌う方が少なくありませんし、中国医学の中国人専門家は、やはり日本の漢方医学は自分たちと系統の違ったものであるという考えを持っています。私もそうだと思っています。

 でも、こうやって新型インフルエンザの治療に対して、日本のマスコミが生薬を取り上げてくれたことは大きな進歩だとも思います。日本でもタミフル以外の治療の選択肢が増えることを私は望みます。

 中医薬や生薬などの言葉も広く普及して欲しいですね。


中国関連ブログランキングに参加しています。他のブログもどうぞ。
中国関連ブログランキングへ
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類