2009年06月25日

上海の高齢者認知症の問題

 私の妻の祖母は85歳ぐらいなのですが、まだまだ元気に1人で暮らしています。
 ぴんぴんとマイペースの生活をしているのには、驚かされます。こうした高齢者は、上海では非常に多いです。

 2008年末には、上海市の60歳以上の人の数は300万人を突破し、そのうち53万人は80歳以上です。この数字は、かなり信用できると思います。
 妻は、地域医療で高齢者の訪問診療をしているのですが、それぞれ管轄の病院で、80歳以上の高齢者は登録しなければならないことになっているのです。そして、訪問診療を受けるだけなく、定期的に電話もかけてあげて、日頃の生活の細かなアドバイスなどもしてあげることになっています。

 上海市の調査では、上海で少なく見積もっても18万人の認知症の高齢者がいるといわれています。これは、1.5万人を対象にしたスタディーで明らかになったのですが、この中で学歴と認知症とは関係があるとし、学歴が高い方が認知症にかかりにくいというような結果も報告されています。

 さて、認知症のお年寄りに対して、家族はどのように対応しているのか、興味深いデータもありました。まず、高齢者を施設に預けたいと考えている家族は全体の2.2%に過ぎず、97.8%は自宅で世話したいと答えています。
 その理由として、施設に断られたからというのは2%にも満たない一方で、本人の意志で施設に入りたくないから、というのも51.3%いました。

 一方で、こうした認知症のお年寄りを世話する人の8割以上が50歳以上で、特にこの家族の精神的負担が非常に大きいことも問題視されています。高齢化が中国でも最も早い地域の一つである上海だけに、今後の対策が急がれます。

 そこで、上海政府は4つのレベルで認知症のお年寄りの介護をすることを考えています。それが、1.家庭による介護 2.社区老人中心(デイケアサービスをする施設)3.老人ホーム 4.医療機関の4レベルです。特に、上海市の住宅地では、2.の整備が進んできているように思います。

 高齢化の問題は中国でも年々複雑化していますが、日本でも同様の問題があるだけに、お互いの情報交換がもっとできたらいいのにとも思います。

 一般庶民が基本的な医療サービスを受けるために、妻がいるような公立な地域医療を担当する医療機関が、上海市内では比較的充実しており、安く安定的に医療サービスが受けることができるというのは、ある意味日本の都市部よりも進んでいるかもしれません。

中国関連ブログランキングに参加しています。他のブログもどうぞ。
中国関連ブログランキングへ
 
posted by 藤田 康介 at 00:00| 未分類