2014年01月31日

中国住まいの日本の携帯電話、iPhoneにしてみて

 2014年は日本での仕事も多くなりそうなので、もう一度日本での通信代を検討してみました。

 今までは、ソフトバンクのガラケーを使い、b-mobileでインターネットをし、さらに中国のiPhone5S(聯通)でローミングさせて、中国からの電話を受けていました。ソフトバンクはホワイトプランで、b-mobileは毎月の基本料金がかからないもの。つまり、日本では3台の端末を持ち歩いていました。

IMG_9226.jpg

 しかし、それでも無線ルーターを一旦使い出すとあっという間に1G、2Gは消費してしまうので、年間で計算すると割が合わないことを発見。さらに、モバイルルーターの電源をいちいち入れるのが面倒、電源の持ちがよくないなどなどの理由で、結局日本でソフトバンクのiPhone5Sを買ってしまった方が良いという結論に達しました。

IMG_9227.jpg


 日本ではいろいろな料金プランがあるんですね。これも読解に一苦労。ただ、中国にはない4G LTE定額プランなんかもある(最高7Gまで)。実は、中国移動も4Gをはじめたが、定額プランがないので通信代が高くついちゃうんです。さらにソフトバンクの場合、月5000円ほどの定額プランと、月2100円から始まる従量制+定額のプランがあるではないですか。日本にいることが相対的に少ない私はもちろん後者にしました。ただ、後者のプランだったらテザリングが出来ないそうですが、そこはスマホで代用させることができるでしょう。いろいろ細かい規定がありますね。

IMG_9225.jpg

 さて、こういうガジェット類は壊れることもあるし、気分も変わったりするので分割ではぜったい買わないのが私の方針で、それ抜きで計算すると月々のコストは割引きなどを含めて月々1595円から。おお、これだったら980円のホワイトプランより断然お徳となりますね。
 人民元にすると100元ほどの価格で、LTEが使えるなんて、日本ってなんて便利なんだと思いました。

 さっそく使ってみると、本当に日本の回線事情はよろしい。4Gも良い感じで速度が出ていました。これに慣れてしまうと、中国の3Gはちょっとキツイデスね。上海の地下鉄みたいに、ラッシュ時は詰まってしまって全然3Gですら繋がらないというようなことはまずなかったです。


 ちなみに、今回は中国移動で4G契約したiPhone5Sも日本に持ち込んだら、LTEは無理ながら、電話回線は使えそうです。移動のローミングも大丈夫そうです。

IMG_9221.jpg

 というわけで、私の手元には全色のiPhone5Sが揃いました。そもそも、私はリンゴ中毒ですのであまり参考にならないかもしれません。
 ちなみに、日本での端末価格は上海の密輸版より若干安かったです。上海のAppleストアの端末は高すぎ。関税の関係でしょうか?

 ただ、全部同じiPhone5Sにすると、同期が楽ちんです。当然すべてのメールやアドレス帳がすぐに同期されますし、写真もフォトストリームでいつでも同期されています。アプリも音楽も電話帳もiCloud経由で全部勝手に同期。

 iPhoneでなにが便利かと言えば、このほぼパーフェクトに近い同期の仕組みではないでしょうか。おかげで、日本でも中国でも最新の状態でスマホが使えます。今後も目的によっていろいろ検討してみたいですね。

posted by 藤田 康介 at 07:17| Comment(0) | 趣味の世界
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。