2017年08月23日

奈良県東吉野村で体験した古民家泊の魅力〜逢桜(ほうおう)〜

IMG_7444.jpg 

 今、中国沿海部の長江デルタエリアでは「農家楽」がブームになっています。農家や使われなくなった古民家を再利用し、都会からきた人たちに泊まってもらう仕組みで、私も中国ではよく利用します。魅力はなんといっても地元の人々の日常に溶け込めることができるのと、ホンモノの地元の食。中国では地方政府も農家楽に対して財政面や法規制面で協力しています。で、私も日本国内を旅するときも、できるだけ旅館や民宿など個性が強い宿泊施設を利用するようにしています。もちろん、当たり外れもありますが・・・、結果的に、これが毎回旅に楽しさを添えてくれますし、旅することで過疎化の進む地元活性化に一役買えるのではないかと勝手に思っています。

 前置きはさておき、今回高見山登山の帰りに東吉野村で宿泊した「ゲストヴィラ逢桜」は、まさに日本のおもてなしを凝縮したような、肩肘の貼らない奈良の古民家泊の魅力が詰まっていました。
IMG_7407.jpg

 材木の街だった東吉野村にふさわしく、なんと3,000坪の広大な敷地に、明治初期に建てられた築145年の母屋を中心に、戦後の建築、先代の世界旅行からのヒントで生まれたスイス風の洋館、そして広大な日本庭園の絶景と茶室とまさにフルセット。ここ東吉野村にはとんでもない豪商がいたんだということを実感させられる邸宅に宿泊できるのです。しかも、1日2組限定という贅沢さ。

IMG_7436.jpg

 とても広いお部屋で、しかもお値段が比較的お手頃で、道理で中国など海外からもお客さんが来られるわけです。あとで聞いたら、なんと私の上海人の友人も、さりげなく宿泊していて驚きました。1日2組限定ですが、部屋は川側と庭園側と選べます。私たちは、日本庭園をじっくりと楽しみたかったので、母屋となる庭園側にしました。

IMG_7400.jpg

IMG_7410.jpg

 また、さらにすごいのは温泉が出ているというところ。厳密には源泉の温度が低いので温泉の定義には当てはまりませんが、ご自身で高濃度の炭酸ガス彷彿間欠泉を掘り当てられたそうです。現在のご主人の代で作られたという木の香りがする浴室が魅力的で、眼下には川があり、川の音を楽しみながら貸しきりのお風呂を楽しめます。

IMG_7414 (1).jpg

 夜は、奈良県人でもなかなか食べられない地元和牛のすき焼きをいただきました。
 脂っぽくなく、それでいて柔らかい、とても美味しい牛肉でした。

IMG_7420.jpg

 私個人的には、懐石料理や創作料理よりも、一般的なメニューのなかで、他との違いを出してくれる食材の食べ方が好きで、今回のすき焼きも美味しかったです。
 中国の地方の田舎料理なんかはとくにそうですが、調理方法はシンプルでも、素材の種類の豊かさで食を楽しませてくれる方が嬉しく感じます。

IMG_7424.jpg

 そして、夜は今時かなり珍しい蚊帳の中で寝ました。庭園の水も沢の水を引っ張ってきていますから、そもそも蚊がほとんどいません。網戸も窓も開けっぱなしで、開放感抜群で眠りに入りました。網戸の隙間を気にするよりも、人が蚊帳のなかに入ってしまったほうが楽ちんでいいですよね。

 奈良の茶がゆでの朝食のあとは、茶室で御抹茶をいただきました。

IMG_7461 (2).jpg

 うちの娘は、抹茶が大好きで、実は密かにこれをかなり楽しみにしていました。立礼(りゅうれい)式でご主人が直々にお手前して下さいましたが、なんとテーブルが法隆寺の門のだったとか。本格的な茶室で、床柱には独特な形のナンテンの木が使われていました。

IMG_7460.jpg

 古民家からはじまり、温泉、郷土の味、そしてお茶席まで。一つ一つがご主人自らがおもてなししてくださり、楽しくかつアットホームな1晩を過ごすことができました。ご主人との会話がとても楽しかったです。

 この宿のご主人も仰っていましたが、今、中国を中心にアジアの富裕層はインターネットで観光地や宿の情報をみつけてやってきます。私もそうですが、CTRIPなど中国の大手旅行サイトは非常に充実していて、日本の旅館や民宿もそうしたサイトとの連係はとても大切だと思います。
 日本でも僻地に行けば行くほど、いま外国人の若者に人気の「秘境」の価値観が高まるわけです。さらに、そういうとことにわざわざ行くような中国の人たちですから、日本文化への理解も深く、マナーなどもしっかりとしていて、むしろ日本人よりもちゃんとしているかもしれないよ、とも言われました。今やそういう時代になってきているのです。

 この東吉野村ですが、大阪へ出るのにクルマでたった1時間ちょっとという距離なのに、かつて人口1万人近くいた村民は、いまやたった1600人。これでは流石に村内の経済を回していくのが大変でしょうし、日本の人口減少の現実を思い知らされました。

【データ】
HP:GUEST VILLA 逢桜
住所:奈良県吉野郡東吉野村小川876

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 日本の温泉

2016年12月21日

源泉がさすが、三重県津市の榊原温泉「湯の庄」

IMG_0769.jpg

 日本に出張で戻ったとき、少しでも時間があったら寄っておきたいのが各地の温泉。上海暮らしからすると、スーパー銭湯はあっても、本物の温泉はなく、実際に温泉に行こうと思ったら1泊2日しないとまず無理で、天然温泉に行けたとしても本物?と疑いながらの入浴になるわけです。日本には本当に気軽に天然温泉に行けてしまいます。近畿地方・東海地方もまた然り。

 ちょうど冬至の日に、母親をつれて三重県中部に位置する榊原温泉まで行ってきました。小学生時代は三重県で暮らしていたので、このエリアは結構お馴染みなのですが、最近は青山高原を越えることはまずなく、30年ぶりぐらいに津市にある榊原温泉を訪れてみました。今回訪れた日帰り温泉は、湯本榊原館にある「湯の庄」です。

IMG_0753.jpg

 榊原温泉の旅館館内と敷地内で湯量の豊富な源泉がそれぞれ1箇所ずつあり、泉質はアルカリ性単純泉。温度は30℃ぐらいと低めなのですが、肌への感触がものすごく良いです。そして入浴しているとほのかに硫黄の香りもしてきます。

 ここのお風呂の入り方のポイントは、何と言っても低めの源泉風呂と加温されたお風呂を交互に入浴法だと思います。といっても全くの冷水ではなく、30℃ぐらいありますので、十分に浸かることができます。交互に入っているうちに、徐々に身体の芯から温もってくるのが感じられると思います。

 別料金になりますが、展望露天風呂もあります。こちらは、榊原温泉の集落全体を見渡せるロケーションになっています。

 風呂上がりに、近くを散歩してみるのも良いかもしれません。

IMG_0768.jpg

 この「湯の庄」から少々歩くと、射山神社があります。その近くには江戸時代に大規模な湯治場があったようで、なんと自然湧出していた温泉を浴槽に入れていたとか。何の病気を治療したか詳細な記録はありませんでしたが、少なくとも湯治として使われていたのは間違いなさそうです。そのため、京都などから公家など身分の高い人も湯治に訪れたため、かなりきっちりとした施設が作られていたようですね。

IMG_0760.jpg

IMG_0745.jpg

 その他にも伊勢神宮にお参りする前に身を清めるために湯ごりの湯として使われたとか、清少納言の『枕草子』に七栗の湯として紹介されたとか、さすがに歴史が長いところだけに、いろいろなエピソードがあります。それだけに、湯治として伝統医学的がどのように活用されてきたのか興味が出てくるところです。

IMG_0761.jpg

 このように温泉はとても素晴らしいのですが、まわりはあまり温泉街といった感じはしません。温泉郷の集落を歩くと結構気持ちいいのですが、歩いているような人には殆ど出会いませんでした。いくつか規模の大きな旅館もすでに閉館してしまっており、少し寂しい感じです。

IMG_0765.jpg

 とはいえ、榊原温泉は今でも素晴らしい温泉が出ていますし、源泉にもそのまま加温無しで入れますので、非常に価値ある温泉で、これからもぜひ源泉を守っていって欲しいと思いました。源泉を神様のように大切にする日本の湯治文化はとても貴重です。

【データ】湯本榊原館


日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 日本の温泉

2016年11月08日

目の前は瀬戸内海の景色〜赤穂温泉

IMG_0176.jpg

 11月7日〜9日までは日本出張でした。
 浜松で講演を済ませた後、新幹線で相生へ直行。東海道新幹線でのぞみを利用しないとなると、まったくのローカル線になってしまうことにちょっとショック。兵庫県では日本でも数少ないダニの研究所にお邪魔して、夜は赤穂御崎温泉を訪問させていただきました。

 本当に久しぶりの純日本式の旅館で温泉です。

 今回宿泊させて頂いたのは赤穂温泉「祥吉」。

IMG_0165.jpg

 直下は海で、小高い瀬戸内海の海岸線に位置する最高のロケーション。

 瀬戸内海というと、いつも上海から関空まで往復しているときに飛んでいるのですが、いざ地上からの風景となると、眺めることが意外と少ないものです。なんせ、海のない奈良が地元ですので。今回訪れることができ、とても楽しみにしていました。

IMG_0134 (1).jpg

 天気はあいにくでしたが、それでもエントランスからドンと目の前に瀬戸内海が広がり、受付のロビーから開放的な気分にさせて頂きました。夕暮れ時に露天風呂はちょっと間に合いませんでしたが、それでも太陽の沈んだ後の瀬戸内海の景色は幻想的でした。

IMG_0158.jpg

 今回お世話になった「祥吉」さんでは、なんとお部屋にも露天風呂がありましたが、下の大浴場にある内風呂や隣接する露天風呂も素晴らしかったです。なんといっても直下が海ですからね。山間部の温泉地にはない、海ならではの開放感がたまらないです。

 泉質はカルシウム塩化物泉で源泉温度は20℃程度で低め。

IMG_0142 (1).jpg

IMG_0143.jpg

 ですが、日本式旅館ならではの温かいおもてなしに、とても素晴らしい一晩を過ごさせていただきました。外国ではまず真似ができない、日本人だから楽しめる、温泉地での楽しみ方ですね。

IMG_0149.jpg

 瀬戸内海だけあって、食事も海の幸が一杯でした。

IMG_0161.jpg
 
 帰りは、ちょっと上海便まで時間があったので、姫路城を歩きました。実は、これも人生初体験。
 考えてみたら純木造で建っている天守閣。遠くからみても迫力ですが、近くから見たら壮観です。今回は時間がないので、中の見学はしませんでしたが、ぜひ家族でもう一度来てみたいと思いました。

IMG_0185.jpg

 気分もリフレッシュし、お昼過ぎの新幹線で、上海へ戻るべく、一路関西空港へ向かいました。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

【データ】赤穂温泉 祥吉
     兵庫県赤穂市御崎2−8
     0791−43−7600
     HP:http://www.ako-syokichi.com/
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 日本の温泉