2018年02月20日

東京江東区の深川江戸資料館と深川飯

IMG_2138.jpg
 上海では、浦東新区の新興地に住んでいるので、日本での住居は、日中混血の子供の日本文化への理解を深めるために伝統的なエリアに住みたいと思い、奈良県のなかでも中世から続く環濠集落、奈良今井町に住居があります。

 でも、それがきっかけで、自分自身が昔の日本人の生活様式に関心が高まり、さらに専門でもある中医学や日本で育まれてきた日本漢方など伝統医学との関わりに関心を持つようになってきました。古い時代とはいえ、人々の暮らしのなかに現代人が忘れてしまった、健康に対する色々なヒントが隠されているからです。

 今回は奈良今井町の大和八木駅から朝7時半の近鉄特急アーバンライナーに乗って、名古屋乗り換えで上京。これが意外と便利で、奈良橿原から東京へ行く新しいルートを発見した気分です。7時半に出発して、東京に着いたのはお昼前の11時過ぎでした。

 仕事まで時間があったので、一度は行きたかった東京江東区の深川江戸資料館へ見学に行きました。

 深川というと、東京駅の駅弁などでも時々見かける深川飯。その中でも、資料館の向かい側にあった「深川宿」の深川丼が美味しそうだったので、早速いただきました。具にアサリをふんだんに使っていて、ぶっかけて食べるタイプ。どうやら江戸時代の漁師飯がルーツらしいですが、葱とジャリジャリしないアサリがふんだんに入っていて、味噌の味もマイルドにとても美味しかったです。このお店では、味噌が秘伝でポイントらしいです。

IMG_2149.jpg

 さて、深川江戸資料館ですが、決して大きな施設ではないのですが、非常に楽しめました。

IMG_2156 (2).jpg

 江戸時代の町並み関係の展示物は、基本的に再現されたものばかりですが、良い雰囲気を醸し出していて、ぜひ館内にいる解説員の話を聞きながら歩いてみたいところです。

IMG_2196.jpg

 深川の町並みは、商人の家や土蔵の他にも、船宿や長屋も再現されていて、1つ1つに住民達のストーリーがあり、当時どのような暮らしをしていたのかよく分かるように解説されます。例えば、当時普及していた銅で作った鏡があり、すぐに曇ってしまうので、石榴を使って鏡面を磨いたのだそうです。

IMG_2192.jpg

IMG_2188 (1).jpg

 当時は屋台で食べられた天麩羅も再現されていましたし、意外と外食産業が盛んだった江戸時代の様子を知れます。また、外には背の高い火の見櫓や、麺屋も再現されていました。

IMG_2202 (1).jpg

IMG_2186.jpg

 江戸時代の長屋暮らしでは、地方から出て来ても、家具などはシェアできる習慣が一般的で、着の身着のままでも暮らして行けたそうです。

IMG_2193.jpg

 深川というのは、結構有名人を輩出していて、曲亭馬琴・松尾芭蕉・平賀源内なども住んだことがありました。

IMG_2152 (1).jpg

 残念ながら、現代の深川には、当時の面影のある建築物はあまり残っていませんが、江戸時代に栄えた街(漁村風?)の再現は、とても勉強になりました。

 結構、台湾人や中国大陸からも見学に来られていました。

IMG_2142.jpg
(深川でみかけた公衆トイレ)

 私に深川を解説してくださった方は、偶然にも奈良にもよく行かれている方で、今度は寺内町として本物が残っている奈良今井町にもぜひ足を運んでくださいとお伝えしました。関東では東大寺や薬師寺など奈良公園や西ノ京エリアはよく知られていますが、橿原エリアは今ひとつの知名度。重伝建地区の今井町も知られていません。とはいえ、明日香村なども近いし、交通アクセスも便利なので、しっかりと宣伝しておきました。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | やった〜!日本なり

2017年08月22日

奈良東吉野村、夏の高見山(たかみさん)登山も悪くない

IMG_7293 (1).jpg  
  近畿のマッターホルンと呼ばれ、すらりとした形が印象的な東吉野村の山、高見山(標高1,249m)。
  我が家のある橿原今井町の近くに神武天皇陵がありますが、この高見山も神武天皇と関係があるようで、頂上に高角神社があることからも山岳信仰の山でもあります。その美しいシルエットは、榛原あたりからもしっかりと見えたりします。私の上海人の友人が、家から見える高見山に憧れて、古民家を買ってしまいました。

  この高見山ですが、樹氷や紅葉の時期に登山する人は多いですが、夏に登るという人はあまり耳にしません。これが今回行ってみて、意外と良かったので、記録しておきます。

IMG_7328 (1).jpg

  今回は小学3年生の娘を連れて登ってきました。今回のルートは、高見山登山口バス停から旧伊勢南街道を経由して、小峠から頂上をめざすルート。駐車場がないので、他のクルマに邪魔ならないように駐車するようにという看板が出ていました。

 午前11時に出発して午後16時の下山だったので、約5時間の行程。もちろん、大人だけだったら、もう少し早くいけると思います。

 子どもにとっても高度をあげるにつれて樹木の表情が変わってくるので楽しく感じたようです。

 夏休みとはいえ、平日だったからか、この時期の高見山は誰一人すれ違うことのない貸しきり状態の山行でした。

IMG_7302.jpg

 登山を始めてからしばらくは、旧伊勢南街道の石畳の道を歩きます。江戸時代は紀州藩の参勤交代にも使われたそうですが、木陰になるのし、石のおかげで歩きやすかったです。当時は、塩や農作物、海産物交易の市が出たほどなので、賑わっていたことなのでしょう。ただ、当時からこの高見山付近は難所だったそうです。

IMG_7368 (1).jpg
 
 天気もまずまずで、高見山の頂上からは奈良の山々が最高でした。
IMG_7362.jpg

 そして、稜線に出たときの涼しさ。
 標高2,000mもない山なのに、まさかここまで涼しくなるとはちょっとびっくりです。
 下界との温度差を非常に感じました。

IMG_7355.jpg

 しかも夜は東吉野村に宿泊しましたが、クーラーどころか、少し肌寒いぐらいの気温でした。近鉄大阪線の榛原駅からたった20分の距離なのに、この違いは大きかったです。

IMG_7360 (2).jpg

 高見山の頂上では、様々な蝶が乱舞していて、これも美しかったです。

IMG_7308.jpg

 これほど街から近いところに大自然を楽しめる山があるのはとても魅力的です。クルマ移動の時間も少なく済みます。付近にも、東吉野村のたかすみ温泉、やはた温泉、少し足を伸ばすと宇陀市のあきのの湯までいけます。

 ただ、いくつか注意点も。
 この山は、登山口に蛇口から沢の水が出ていましたが、それ以外は途中に給水箇所が全くないので、水対策はきっちりとする必要があります。途中看板がありましたが、どうやら平成27年9月にクマが目撃されているとのこと。そして、入山時は、登山届を忘れずに。高見山登山口にあります。

IMG_7333 (2).jpg

IMG_7386.jpg

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | やった〜!日本なり

2017年02月20日

関西空港の春風

IMG_1821.jpg

 2月20日は上海から関空に飛びました。

 飛行機をよく利用するので、飛行機に搭乗する前は、天気図や上空の風の情報をチェックするのが日課になっていますが、この日のフライトが大変な風の中での飛行になるだろうなというのは想像に難くありませんでした。羽田空港や成田空港は、条件付きの出発となっていたりと、全国的に嵐の状況でした。

 春先の日中間のフライトは毎年よく揺れるのですが、今日はいつもと違いました。離陸してから、中国の航空会社のフライとしては珍しくキャプテンから放送。「今日は、着陸時に中程度以上の揺れが予想されています。」の一言があったので、これは本当に揺れるのだと思いました。とはいえ、中国系の航空会社は、シートベルトサインが着陸後までは絶対に消えることはないので、いつでもしっかりとシートベルトをすることは習慣になっています。逆に、日系に乗ると、離陸してから着陸するまでの間にシートベルトのサインが消えたりするので、これはある意味凄いなと感心したりします。

IMG_1826 (1).jpg

 着陸間際までは本当に微動だにしない快適なフライトだったのに、関空への着陸態勢に入った途端に揺れる揺れる。まあ、以前も台風の中をすり抜けて着陸したこともあったのですでに経験済みですが、ジェットコースターにように雲のなかを突進し、いよいよ関空に着陸するときは機体が少し斜めに角度を取っての着陸態勢で、向かい風がかなり強そうでした。とはいえ、定刻よりは早く到着したし、やれやれでした。

 まあ、そこまでは予想どおりでしたが、私自身が想定していなかったのが、今日の強風で空港の連絡橋の鉄道が止まってしまうこと。ちょうど私が空港から出て来て、駅に到着したころに電車が止まったらしく、どうしたものかと途方に暮れていたら、ちゃんと代行バスが出るのですね。たくさんの駅員さんも出動していて、階段などでは荷物を運んで下さったり、本当にご苦労様でした。

IMG_1825 (1).jpg

 さっそくりんくうタウン駅行きの臨時シャトルバスに乗り換えました。運良く、1台目のシャトルバスに乗ることができましたが、空港連絡橋の上では横風を受けて、バスも揺れる揺れる。本当に強い風だったようで、今回は、鉄道よりも飛行機の方が風に強かったようですね。というか、関空の連絡橋は、完全に風が防げるようなトンネル構造にしないといけないかも。

 りんくうタウン駅に到着すると、今度は空港を目指す人たちの長い行列ができていました。これでは飛行機に乗り遅れる人もでるのではないかと思うぐらいの長い長い行列でした。

 鉄道で関空に行くのは、確かに便利なのですが、人身事故と連絡橋の強風は大きなリスクになることを実感、改めて大和八木と関西空港を結ぶリムジンバスには感謝・感謝です。

 いろいろありましたが、結局無事ほぼ予定どおりに新大阪の事務所に到着。
 今回はやれやれの移動でした。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | やった〜!日本なり