2018年04月02日

上海奉賢名物の伝統小吃「海棠糕(ハイタンガオ)」〜まるでダブル今川焼き

IMG_3037.jpg

 日本では江戸時代に考案されたという今川焼きに対して、上海にもよく似た点心が伝わっています。それが、上海奉賢区の伝統小吃「海棠糕(ハイタンガオ)」です。海棠とは海棠花(日本名:ホンカイドウ)からきていて、なんとも風情ある名前。ちなみに、蘇州には同様の小吃として梅花糕もあります。

 清代に上海エリアで有名になり、江蘇省無錫あたりにも伝わったとも言われています。今川焼きとは、きっと同じぐらいの時代に誕生した小吃なのかもしれません。

 奉賢区の南側、海に近いエリアに奉城鎮という街があります。

 ここで昔ながらの海棠糕の作り方を守っている屋台が残っていて、思わず十何年作り続けている範さんに会いに行ってきました。

 もうすぐ70歳になる範さんは、今でも街の中心部にある市場(菜場路)の入り口に三輪自転車で乗り付けています。早朝と午後3時頃、つまり市場が賑やかになるころに店が登場するわけですが、朝4時には起きて小麦粉を発酵させ、小豆を煮てあんの準備をされるそうです。焼くための特性の鉄板も特徴があり、今となってはなかなか手に入らなくなっているそうです。鉄板に塗る油は「猪板油(豚の腹部分のラード)」を使います。

IMG_3027.jpg

IMG_3029.jpg

IMG_3031.jpg

IMG_3032.jpg

IMG_3022.jpg

IMG_3023 (1).jpg

IMG_3024.jpg

IMG_3033.jpg

IMG_3034.jpg

IMG_3036 (1).jpg

 作り方で今川焼きとの大きな違いは、一方に餡をいれて、もう片一方をフタする方法ではなく、円柱形の型に小麦のネタを入れ、なかに餡を沈ませて一つ目作ると、その上に砂糖を焦がしたカラメルをかけ、同じものをもう一つ作って、食べる時に2つくっつけてサンドイッチにします。

 つまり、今川焼きがカラメルを真ん中に、ダブルでくっつている感じです。

 ところでお値段ですが、今時の上海では考えられない値段で、一個2.5元!

 なんと50円もしません。

 こうした上海地元のソウルフードが廃れてしなわないうちに、職人達の味を楽しみに出掛けてみたいと思います。

IMG_2997.jpg

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 21:41| Comment(0) | 中国で食べる

2018年03月30日

iOS11.3で、上海公共交通カードをApple payに登録して自動改札口を通るためのiPhone設定方法

IMG_0772 (1).jpg
 今か、今かと待っていたのですが、なかなか実現しなかったApple payによる地下鉄乗車ですが、まずはApple pay対応のiPhoneをiOS11.3にアップデート。

 すると日本でモバイルSuicaを使うのと同じようにiPhoneをかざすだけで上海市の地下鉄やバスを利用することが出来るようになりました。

 ただし、Apple payからチャージするのは、銀聯カードを登録しておく必要があり、日本のクレジットカードからチャージすることは出来ません。

 なお、Apple watchとの連携はうまく行きました。ただし、ソフトウエアはwatchOS4.3にしておきます。

 まあ、いつもの通り使用法に関するアナウンスがないので、試行錯誤しながらやり方を見つけて行きましょう。

 まずはカードの登録方法ですが、上海交通カードのAPP(上海交通卡)をインストールします。
IMG_2950 (1).jpg

 アプリをあけると、バーチャルカードと、リアルカードの登録画面が出てくるのですが、ここ経由で登録しようとすると、中国人身分証がなければ無理です。外国人永居身分証でも無理でしたが、携帯電話番号だけは登録しておきました。

IMG_2949.jpg

 しかしそこで諦めてはいけません。

 次はiPhoneに入っているWalletをタップし、右上にある青丸の+をタップし、カードを新たに登録します。

IMG_2944.jpg
 言われるままに「続ける」をタップすると、北京と上海の交通ICカードを登録する画面がSuica(登録されている方は)とともに登場しています。
IMG_2945.jpg

ここで、Shanghai Transit Cardを選択し、チャージ金額を決定。このとき、20元をデポジットとして取られます。

IMG_2946.jpg

 もしくは、現在残高のあるカードをお持ちでしたら、そこから残高を転送することもできます。その場合、リアルカードの番号の上から4桁を入力しますが、1桁目にアルファベットがある場合はそれを無視して4桁を入力します。

IMG_2947.jpg

 これで設定は終わりです。今後、チャージをする場合は、Walletから入って、上海共通交通カードを選択して「i」マークをタップし、「チャージ」を選べば、Apple payに登録されている銀聯カードから、引き落とされる仕組みになっています。

IMG_2952.jpg

 これは非常に便利です。

 まず、運賃値引きとかいろいろキャンペーンを行っていた「Metro大都会」アプリ経由のQRコード方式より全然楽で、改札口でアプリを立ち上げる必要はないし、特定の改札機を選ぶ必要もありません。

IMG_1635.jpg
IMG_2948.jpg
 また「センサーから5p離して、スマホのQRコードをセンサーに近づける」と言った面倒なことをする必要はありません。そもそもこのQRコード方式は読み取りエラーが多く、改札口はいつも大変な行列になっていたのでした。そして致命的な問題は、中国人身分証の「マイナンバー」がない外国人は、登録すら出来ませんでした。

 Apple payを利用すると、スマホを立ち上げる必要もないし、とにかくいつものようにセンサーに近づければよいというのは非常に便利でエラーもまず出ません。実際、私も使ってみて日本のSuica同様の反応スピードでした。そして、リアルカードで面倒だった、地下鉄駅やコンビニでのチャージも、万が一お金が不足してしまっても、手元でチャージできるのは素晴らしいことです。地下鉄駅に行かず、バスやタクシー利用が多い人なんか便利ですよね。  

 ただ、地下鉄駅でQRコードを普及させるために、かなり大がかりな自動改札の改造を行っていましたが、これはApple payに対して優位にことをすすめるための作戦だったのでしょうか、と勘ぐってしまいます。

 いずれにしろ、上海生活が画期的に便利になりました。

 これで、上海での外出時はスマホ一つで十分です。小銭入れはもちろん、公共交通カードを入れる定期入れも必要なくなりました。

 ついでに、Apple watchのほうですが、こちらもiPhoneのWalletで登録したバーチャルカードを、Apple watchに移して使います。Apple watchのアプリを立ち上げ、「WalletとApple Pay」から、上海公共交通カードを選び、「追加」すればOKです。
IMG_2961.jpg

IMG_2960.jpg
 
 
日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 22:38| Comment(0) | 上海生活情報

2018年02月20日

東京江東区の深川江戸資料館と深川飯

IMG_2138.jpg
 上海では、浦東新区の新興地に住んでいるので、日本での住居は、日中混血の子供の日本文化への理解を深めるために伝統的なエリアに住みたいと思い、奈良県のなかでも中世から続く環濠集落、奈良今井町に住居があります。

 でも、それがきっかけで、自分自身が昔の日本人の生活様式に関心が高まり、さらに専門でもある中医学や日本で育まれてきた日本漢方など伝統医学との関わりに関心を持つようになってきました。古い時代とはいえ、人々の暮らしのなかに現代人が忘れてしまった、健康に対する色々なヒントが隠されているからです。

 今回は奈良今井町の大和八木駅から朝7時半の近鉄特急アーバンライナーに乗って、名古屋乗り換えで上京。これが意外と便利で、奈良橿原から東京へ行く新しいルートを発見した気分です。7時半に出発して、東京に着いたのはお昼前の11時過ぎでした。

 仕事まで時間があったので、一度は行きたかった東京江東区の深川江戸資料館へ見学に行きました。

 深川というと、東京駅の駅弁などでも時々見かける深川飯。その中でも、資料館の向かい側にあった「深川宿」の深川丼が美味しそうだったので、早速いただきました。具にアサリをふんだんに使っていて、ぶっかけて食べるタイプ。どうやら江戸時代の漁師飯がルーツらしいですが、葱とジャリジャリしないアサリがふんだんに入っていて、味噌の味もマイルドにとても美味しかったです。このお店では、味噌が秘伝でポイントらしいです。

IMG_2149.jpg

 さて、深川江戸資料館ですが、決して大きな施設ではないのですが、非常に楽しめました。

IMG_2156 (2).jpg

 江戸時代の町並み関係の展示物は、基本的に再現されたものばかりですが、良い雰囲気を醸し出していて、ぜひ館内にいる解説員の話を聞きながら歩いてみたいところです。

IMG_2196.jpg

 深川の町並みは、商人の家や土蔵の他にも、船宿や長屋も再現されていて、1つ1つに住民達のストーリーがあり、当時どのような暮らしをしていたのかよく分かるように解説されます。例えば、当時普及していた銅で作った鏡があり、すぐに曇ってしまうので、石榴を使って鏡面を磨いたのだそうです。

IMG_2192.jpg

IMG_2188 (1).jpg

 当時は屋台で食べられた天麩羅も再現されていましたし、意外と外食産業が盛んだった江戸時代の様子を知れます。また、外には背の高い火の見櫓や、麺屋も再現されていました。

IMG_2202 (1).jpg

IMG_2186.jpg

 江戸時代の長屋暮らしでは、地方から出て来ても、家具などはシェアできる習慣が一般的で、着の身着のままでも暮らして行けたそうです。

IMG_2193.jpg

 深川というのは、結構有名人を輩出していて、曲亭馬琴・松尾芭蕉・平賀源内なども住んだことがありました。

IMG_2152 (1).jpg

 残念ながら、現代の深川には、当時の面影のある建築物はあまり残っていませんが、江戸時代に栄えた街(漁村風?)の再現は、とても勉強になりました。

 結構、台湾人や中国大陸からも見学に来られていました。

IMG_2142.jpg
(深川でみかけた公衆トイレ)

 私に深川を解説してくださった方は、偶然にも奈良にもよく行かれている方で、今度は寺内町として本物が残っている奈良今井町にもぜひ足を運んでくださいとお伝えしました。関東では東大寺や薬師寺など奈良公園や西ノ京エリアはよく知られていますが、橿原エリアは今ひとつの知名度。重伝建地区の今井町も知られていません。とはいえ、明日香村なども近いし、交通アクセスも便利なので、しっかりと宣伝しておきました。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | やった〜!日本なり