2018年03月30日

iOS11.3で、上海公共交通カードをApple payに登録して自動改札口を通るためのiPhone設定方法

IMG_0772 (1).jpg
 今か、今かと待っていたのですが、なかなか実現しなかったApple payによる地下鉄乗車ですが、まずはApple pay対応のiPhoneをiOS11.3にアップデート。

 すると日本でモバイルSuicaを使うのと同じようにiPhoneをかざすだけで上海市の地下鉄やバスを利用することが出来るようになりました。

 ただし、Apple payからチャージするのは、銀聯カードを登録しておく必要があり、日本のクレジットカードからチャージすることは出来ません。

 なお、Apple watchとの連携はうまく行きました。ただし、ソフトウエアはwatchOS4.3にしておきます。

 まあ、いつもの通り使用法に関するアナウンスがないので、試行錯誤しながらやり方を見つけて行きましょう。

 まずはカードの登録方法ですが、上海交通カードのAPP(上海交通卡)をインストールします。
IMG_2950 (1).jpg

 アプリをあけると、バーチャルカードと、リアルカードの登録画面が出てくるのですが、ここ経由で登録しようとすると、中国人身分証がなければ無理です。外国人永居身分証でも無理でしたが、携帯電話番号だけは登録しておきました。

IMG_2949.jpg

 しかしそこで諦めてはいけません。

 次はiPhoneに入っているWalletをタップし、右上にある青丸の+をタップし、カードを新たに登録します。

IMG_2944.jpg
 言われるままに「続ける」をタップすると、北京と上海の交通ICカードを登録する画面がSuica(登録されている方は)とともに登場しています。
IMG_2945.jpg

ここで、Shanghai Transit Cardを選択し、チャージ金額を決定。このとき、20元をデポジットとして取られます。

IMG_2946.jpg

 もしくは、現在残高のあるカードをお持ちでしたら、そこから残高を転送することもできます。その場合、リアルカードの番号の上から4桁を入力しますが、1桁目にアルファベットがある場合はそれを無視して4桁を入力します。

IMG_2947.jpg

 これで設定は終わりです。今後、チャージをする場合は、Walletから入って、上海共通交通カードを選択して「i」マークをタップし、「チャージ」を選べば、Apple payに登録されている銀聯カードから、引き落とされる仕組みになっています。

IMG_2952.jpg

 これは非常に便利です。

 まず、運賃値引きとかいろいろキャンペーンを行っていた「Metro大都会」アプリ経由のQRコード方式より全然楽で、改札口でアプリを立ち上げる必要はないし、特定の改札機を選ぶ必要もありません。

IMG_1635.jpg
IMG_2948.jpg
 また「センサーから5p離して、スマホのQRコードをセンサーに近づける」と言った面倒なことをする必要はありません。そもそもこのQRコード方式は読み取りエラーが多く、改札口はいつも大変な行列になっていたのでした。そして致命的な問題は、中国人身分証の「マイナンバー」がない外国人は、登録すら出来ませんでした。

 Apple payを利用すると、スマホを立ち上げる必要もないし、とにかくいつものようにセンサーに近づければよいというのは非常に便利でエラーもまず出ません。実際、私も使ってみて日本のSuica同様の反応スピードでした。そして、リアルカードで面倒だった、地下鉄駅やコンビニでのチャージも、万が一お金が不足してしまっても、手元でチャージできるのは素晴らしいことです。地下鉄駅に行かず、バスやタクシー利用が多い人なんか便利ですよね。  

 ただ、地下鉄駅でQRコードを普及させるために、かなり大がかりな自動改札の改造を行っていましたが、これはApple payに対して優位にことをすすめるための作戦だったのでしょうか、と勘ぐってしまいます。

 いずれにしろ、上海生活が画期的に便利になりました。

 これで、上海での外出時はスマホ一つで十分です。小銭入れはもちろん、公共交通カードを入れる定期入れも必要なくなりました。

 ついでに、Apple watchのほうですが、こちらもiPhoneのWalletで登録したバーチャルカードを、Apple watchに移して使います。Apple watchのアプリを立ち上げ、「WalletとApple Pay」から、上海公共交通カードを選び、「追加」すればOKです。
IMG_2961.jpg

IMG_2960.jpg
 
 
日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 22:38| Comment(0) | 上海生活情報

2018年02月20日

東京江東区の深川江戸資料館と深川飯

IMG_2138.jpg
 上海では、浦東新区の新興地に住んでいるので、日本での住居は、日中混血の子供の日本文化への理解を深めるために伝統的なエリアに住みたいと思い、奈良県のなかでも中世から続く環濠集落、奈良今井町に住居があります。

 でも、それがきっかけで、自分自身が昔の日本人の生活様式に関心が高まり、さらに専門でもある中医学や日本で育まれてきた日本漢方など伝統医学との関わりに関心を持つようになってきました。古い時代とはいえ、人々の暮らしのなかに現代人が忘れてしまった、健康に対する色々なヒントが隠されているからです。

 今回は奈良今井町の大和八木駅から朝7時半の近鉄特急アーバンライナーに乗って、名古屋乗り換えで上京。これが意外と便利で、奈良橿原から東京へ行く新しいルートを発見した気分です。7時半に出発して、東京に着いたのはお昼前の11時過ぎでした。

 仕事まで時間があったので、一度は行きたかった東京江東区の深川江戸資料館へ見学に行きました。

 深川というと、東京駅の駅弁などでも時々見かける深川飯。その中でも、資料館の向かい側にあった「深川宿」の深川丼が美味しそうだったので、早速いただきました。具にアサリをふんだんに使っていて、ぶっかけて食べるタイプ。どうやら江戸時代の漁師飯がルーツらしいですが、葱とジャリジャリしないアサリがふんだんに入っていて、味噌の味もマイルドにとても美味しかったです。このお店では、味噌が秘伝でポイントらしいです。

IMG_2149.jpg

 さて、深川江戸資料館ですが、決して大きな施設ではないのですが、非常に楽しめました。

IMG_2156 (2).jpg

 江戸時代の町並み関係の展示物は、基本的に再現されたものばかりですが、良い雰囲気を醸し出していて、ぜひ館内にいる解説員の話を聞きながら歩いてみたいところです。

IMG_2196.jpg

 深川の町並みは、商人の家や土蔵の他にも、船宿や長屋も再現されていて、1つ1つに住民達のストーリーがあり、当時どのような暮らしをしていたのかよく分かるように解説されます。例えば、当時普及していた銅で作った鏡があり、すぐに曇ってしまうので、石榴を使って鏡面を磨いたのだそうです。

IMG_2192.jpg

IMG_2188 (1).jpg

 当時は屋台で食べられた天麩羅も再現されていましたし、意外と外食産業が盛んだった江戸時代の様子を知れます。また、外には背の高い火の見櫓や、麺屋も再現されていました。

IMG_2202 (1).jpg

IMG_2186.jpg

 江戸時代の長屋暮らしでは、地方から出て来ても、家具などはシェアできる習慣が一般的で、着の身着のままでも暮らして行けたそうです。

IMG_2193.jpg

 深川というのは、結構有名人を輩出していて、曲亭馬琴・松尾芭蕉・平賀源内なども住んだことがありました。

IMG_2152 (1).jpg

 残念ながら、現代の深川には、当時の面影のある建築物はあまり残っていませんが、江戸時代に栄えた街(漁村風?)の再現は、とても勉強になりました。

 結構、台湾人や中国大陸からも見学に来られていました。

IMG_2142.jpg
(深川でみかけた公衆トイレ)

 私に深川を解説してくださった方は、偶然にも奈良にもよく行かれている方で、今度は寺内町として本物が残っている奈良今井町にもぜひ足を運んでくださいとお伝えしました。関東では東大寺や薬師寺など奈良公園や西ノ京エリアはよく知られていますが、橿原エリアは今ひとつの知名度。重伝建地区の今井町も知られていません。とはいえ、明日香村なども近いし、交通アクセスも便利なので、しっかりと宣伝しておきました。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | やった〜!日本なり

2018年02月14日

紀州漆器の街、海南市黒江へ行ってきました

IMG_1875.jpg

  中世の町並みを残す、奈良橿原市今井町で40年以上今井町の保存活動を行ってきている今井町町並み保存会の活動の一環で、その県外研修に参加してきました。

 今回も、保存会の若林会長をはじめに、NPO法人奈良まほろばソムリエの会の鉄田理事も参加され、非常に密度の濃い研修会になりました。こうした研修会はもう20年以上続いていて、今井町の町作りを住民サイドから盛り上げていくのに大きな役割を担っていると思います。

 今回は、根来寺ー黒江ー温山山荘という1日コース。海南方面には行ったことがあったのですが、そこに黒江という集落が紀州漆器の街として残っています。いつも上海から関西空港へ着陸するときに眼下に見えるエリアでもあります。

 実は今回の研修で、いつの間にか京奈和自動車道が奈良橿原から和歌山を経由して阪和道路に繋がっているという事実を経験し、しかもこの自動車専用道路から見える葛城山が非常に雄大で、出発から新しい発見ばかりでした。奈良橿原から和歌山方面は遠いというイメージがなんとなくあったのですが、完全に覆されました。

 いやはや、日本ではこういう高速道路が完成するのが遅すぎるでしょう。日頃中国で暮らしていて、いま農村エリアでの高速道路の整備が急ピッチで行われているのですが、高速道路の開通が地域経済にもたらす影響の大きさを目の当たりにしているだけに、道路インフラはとても大切だと痛感します。ただ、中国と違って、京奈和自動車道の山間部は対面通行ですのでこれも早く上下4車線にするべきでしょうね。

IMG_1859.jpg

 根来寺は国宝の大塔は、日本最大規模で、高さ40メートル。しかも、中を見学できる数少ない国宝といわれています。1547年築のオリジナルの姿を今に見せています。また、根来寺の本堂となる大伝法堂は、建物こそ江戸時代築ですが、本尊は1405年築で室町時代のもの。住職が非常に詳しくお話してくださり、大変勉強になりました。

 もちろん、大塔の木材にある鉄砲の跡も見つけましたよ。

IMG_1873.jpg

 そのあとは、紀州漆器の街、海南市黒江へ。至る所に漆器の工房や漆を入れた樽が散見され、ここが漆器の街として発展して来たことが実感できます。「うるわし館」では、蒔絵体験などもできる施設もありました。さすが越前・会津・山中・紀州の4大漆器生産地の一つです。

IMG_1885.jpg

 黒江はギザギザののこぎり状の町並みが特徴で、これらは江戸時代に黒江の入りを埋め立てた名残と言われています。

 江戸時代の民家や、今でもお店やカフエなどに活用されている民家もあり、町家の見学もできます。

IMG_1890.jpg

 集落の高台には、中言神社や浄国寺があり、人々が津波などが来たときに避難できるよう、等高線に沿って通路も作られていました。

IMG_1922.jpg

 浄国寺には時を知らせる太鼓も残されています。

 街自体は非常にコンパクトですが、漁村の面影を強く残しており、散策するのには良い感じです。

IMG_1935.jpg

 中言神社には、黒牛像から名水が湧き出ていて、ここから清酒「黒牛」が作られています。酒蔵は「黒牛茶屋」になっていて、休憩所として活用されています。
 
 最後は、琴ノ浦にある温山荘園を見学。

IMG_1962.jpg

 世界有数のベルトメーカーである、新田帯革製造所(現ニッタ株式会社)の創業者、新田長次郎の別荘を見学。これがまた広く、さすがに健康維持のために使われた別荘と言われるだけあります。庭の中を歩くだけでも、十分な運動になります。ここは純和風と思いきや、実はダンスホールが設置されているなど、明治時代の面影を色々感じることが出来ます。

IMG_1966.jpg

 今でこそ庭先は埋め立て地になっていましたが、その当時は海だったそうで、庭の池にも海の水が引き込まれていました。

 紀伊半島一帯にはまだまだ沢山の小さな街が沢山残っています。これらの街が、少しでも元気で生命力が出せるように、我々も応援していかなくてはいけません。また、関西空港から離れているわけでもないですし、地元の人たちももっと自信も持って自分たちの街をPRしていかないといけないですね。私が見る限り、まだまだ掘り起こせるネタが沢山あるように思います。

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール



 

 
posted by 藤田 康介 at 00:00| Comment(0) | 奈良橿原市今井町の魅力